瓦に山野草の寄植えを作ってみよう!

昨日のブログで瓦がガーデニングにも使えることがなんとなく伝わったかと思いますが、今回はガーデニングとしてもっと気軽にできる、瓦を使った寄植えを実際に作っていきます。

使用する瓦はこちら。

f:id:GardenPorter:20151031131414j:plain

「巴瓦(ともえがわら)」と呼ばれるもので、筒状の丸い形をしています。

ちなみにこの瓦紋は巴紋とよばれ、水を意味することから防火として多く用いられたそうです。

会社に昔からずっと置いてあったものらしく、いい感じに苔むしています。

それでは作っていきたいと思います。

瓦の寄植えづくり

まず、瓦に底穴を開けます。

・・・のはずでしたがすでに開いていました。

f:id:GardenPorter:20151031131632j:plain

廃材の瓦なので、恐らく施工時に開けたのだと思います。新品の場合・・・まあわざわざ新品の瓦を買って寄植えに使う人はなかなかいないと思いますが、ドリルで穴を開けましょう。

f:id:GardenPorter:20151031131729j:plain

そうしたら自分のセンスを信じ、いい感じになるように配植していきます。

最後にハイゴケで土の表面を覆ったら・・・完成です!

f:id:GardenPorter:20151031131818j:plain

作り終わったら、乾いている恐れがあるのでたっぷり水をあげてください。

f:id:GardenPorter:20151031132005j:plain

使った山野草はイロハモミジ、ナンキンハゼ、アカバナダイモンジソウ、ヒメヨメナ、オウゴンセキショウ、ユキノシタです。

私は緑のコケに真っ赤なモミジの葉が落ちているのがなんともいえず好きで、そんなイメージで紅葉するモミジやナンキンハゼ、真っ赤な花のダイモンジソウを選びました。

モミジ、キクなど秋丸出しのベタな感じで寄植えしてみましたがどうでしょう。

しかし瓦と山野草、合いますね。コケ盆栽などでも、瓦を器に使えばかっこ良くキメてくれると思います。

以上、瓦を使った寄植えでした。参考にしていただけたら嬉しいです。

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

ガーデニングのちょっとしたアクセントに、「瓦」を使ってみよう!

最近の住宅では、減少の傾向にあるといわれる瓦屋根。

あの渋く輝く色と波のような造形。どっしりとした重厚感と高級感。

私は茶室や草庵の茅葺き屋根が好きなのですが、やはり日本建築といえば瓦屋根ではないでしょうか。

そんな瓦屋根ですが、世の中には寺社の建て替えや屋根の葺き替えなどで、使わなくなって放置されている瓦がたくさんあるんです。

使わなくなった廃瓦を粉砕して、ガーデニングの舗装材などに再利用する「瓦チップ」なるものもホームセンターに出回るようになりました。

今回はそんなエコ精神と日本の伝統、そして瓦の新たな可能性を探るべく、瓦を使ったお庭やガーデニングを紹介していきます。

f:id:GardenPorter:20151029135821j:plain

こちらは以前にも紹介したショーガーデンですが、瓦といっても葺き瓦ではなく正方形の敷き瓦が使われています。

このように瓦を使うと「和モダン」な雰囲気を醸し出すこともできます。

彩り溢れる洋風の花壇に少し和のテイストを入れて見たいという方や、純和風のお庭に少し斬新さを加えたいという場合にも瓦は活躍してくれます。

f:id:GardenPorter:20151029134855j:plain

こちらは犬走りや植栽の境界に瓦を用いた例です。

葺き瓦の「桟瓦(さんがわら)」という広く一般的に使われている瓦を2枚ずつ用いています。

波のような形をしているので、並べるとおもしろいデザインになりますね。

この様に花壇や土間の縁取りや、ちょっとした土留めとしても瓦は使えます。

f:id:GardenPorter:20151029134615j:plain

足元だけではなく、瓦は積むことでもその魅力を引き出せます。あの瓦が壁面として立ち上がっているのってとてもおもしろくないですか?

綺麗に積んでいくと、日本伝統文様である「青海波(せいがいは)」のようになります。

レンガと同様土を焼いた固い素材ですが、向こうが透けて見え、明るく軽やかな境界に仕上がります。伝統と新しさが同居する和モダンの垣根です。

他にも桟瓦をずらーっと一直線に地面に並べて園路をつくったり、面白い形をした様々な種類の瓦を組み合わせてオブジェをつくったりと、瓦は使い方次第で色々なものが作れてしまうんです。

少し造園的な内容になってしまいましたが、次回は瓦にちょっとした寄植えを作るなど、もう少しガーデニングに的を絞った瓦の利用法をお教えします。

皆さんのご家庭にも廃材の瓦があれば、もしくは近隣の古民家や寺社に譲ってもらい、ぜひともガーデニングに瓦を取り入れて見てください!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

☆新商品入荷☆ニョキっとした花茎が特徴的なツメレンゲなど

本日は木曜日!ということで新商品が入荷しましたので、いくつかピックアップして紹介していこうと思います。

本日入荷したのはこちら。

アカバナヒマラヤユキノシタ、タツナミソウ、ダルマギク、キンズ、ツメレンゲ、スミレイワギリソウ、ツルヤブコウジの計7種です。

今回はその中からツメレンゲをピックアップして紹介していきます。

ツメレンゲについて

f:id:GardenPorter:20151028153159j:plain

学名 Orostachys erubescens
属名 ベンケイソウ科イワレンゲ属
別名 爪蓮華
花色
花期 10〜11月
タイプ 多年草

特徴

秋といえばキクの花や実ものが人気ですが、こんなおもしろい植物もあるんです。
多肉植物の仲間で、秋になるとニョキっと伸ばした花茎に白い小さな花をたくさん咲かせます。
花が終わると枯れてしまうので、回りの小さい子株を株分けして増やしていくことで、毎年楽しめます。

原産地

関東以西の乾燥した山地の岩場などに自生しています。
人工物に好んで根を下ろす性質があるようで、古民家の瓦屋根や石垣などにも見られるそうです。

その他

実はこのツメレンゲ、自生地の減少が危ぶまれる「準絶滅危惧種」に指定されています。
近い将来なくなってしまうかも知れないので、大切に育ててあげてください。
夏と冬は休眠するので、水を与えると根が腐ってしまう恐れがあるので気をつけましょう。
f:id:GardenPorter:20151028155122j:plain
www.gardenporter.com

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

琵琶湖を望む花の楽園!「ガーデンミュージアム比叡」へ行ってきました!〜後篇〜

比叡山の山頂にある「ガーデンミュージアム比叡」について前回から引き続き書いていきます。

↓前回の記事↓

 

f:id:GardenPorter:20151026175756j:plain

上を見上げると「ジュウガツザクラ」がちらほら咲いていました。

江戸時代に生み出された園芸品種だそうで、現代の科学を持ってすれば通年桜を咲かすこともできるんじゃないかと思ってしまいますが、それは野暮なことかもしれません。

なんでも咲けばいいのではなく、季節のうつろいを感じさせてくれるものだから格別にいいものなんですね。

と、自分の浮気心に説法を説いてやりました。

f:id:GardenPorter:20151026180714j:plain

壁が額縁の様になっていて、ここから覗くと一枚の絵画みたく写ります。

この中で撮ればどんなポーズでも様になりそうですね!

f:id:GardenPorter:20151028083619j:plain

ピンク色の花は、コスモスと同じくらい秋を代表する花「シュウメイギク」。

でもシュウメイギクとは名づけられていますが、実はキクではないんです。

アネモネなどのキンポウゲ科というグループに属しています。ですので英名では「ジャパニーズ・アネモネ」と呼ばれています。

意外じゃないですか?しかしこんなに咲いているシュウメイギクは初めて見ました。

そして奥の壁に気になるものが・・・。

f:id:GardenPorter:20151028083709j:plain

横にピンと張った針金に絡ませるように樹木の枝を伸ばしています。

これ、西欧の庭園でよく目にする仕立て方で、「エスパリエ」といいます。

壁面や柵などを緑化するのに用いられるのですが、「え、これっていいの?」と少し罪悪感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

ここに西欧と日本の文化のギャップを見た気がします。

f:id:GardenPorter:20151028083747j:plain

f:id:GardenPorter:20151028083842j:plain

園内にはたくさんの「ダリア」が咲いていました。

色も形も様々で、ものすごい数の品種があるんですね。

上の2枚なんか完全に別物です。

今度から「この花なに?」って聞かれて分からなかったらダリアって言おうと思います。

f:id:GardenPorter:20151028083959j:plain

この白いモコモコは「スイートアリッサム」です。

晩秋〜冬の花が少ない時期に咲いてくれる貴重な植物ですが、大きく育てるとこんなになるんですね。

完全に花壇に植わっている他の植物たちが負けています。

この花壇に釣り合うのは・・・ダリアくらいしかないんじゃないでしょうか。ダリアくらいしかないと思います。

f:id:GardenPorter:20151028083913j:plain

最後に、園内から琵琶湖を眺めるとこんな感じです。きれいですね。

園内にあるカフェからもこの景色が望めるので、散策のひと休みにケーキでも食べながら眺めると最高です。

いつもは日本庭園を見てばかりいる私ですが、お花でいっぱいのイングリッシュガーデンも素晴らしいですね!

滋賀・京都に来た際はぜひ足を運んでみてください!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

植物を使った手作りアクセサリーの作り方〜アルパカブローチ編〜

突然ですが皆さん、植物好きですよね。

でも好きすぎるあまりに自宅で育てるだけじゃ飽き足らず、アクセサリーのように身につけてみたいという衝動に駆られたことはありませんか?

まあここまで煽っといて私は特にないのですが、以前寄植やかぼちゃを手伝ってくれたTさんが植物を使った手作りアクセサリー経験者だということで、今回はそのことを記事にしたいと思います。

パンパスグラスを使ったアルパカブローチ

Tさんが作ったのは「パンパスグラスを使ったアルパカブローチ」だそうです。なんだかすごい題名ですが想像つきますか?3次元の世界で収まりきるものなのでしょうか。不安で仕方ないです。

でも作り方を聞いてみるといたってシンプルで、「パンパスグラス」というイネ科の植物の花をアルパカの体毛に見立て、スポンジ状のアルパカ人形に刺していくのだそうです。

で、それをブローチとして身につけると。

・・・まあとにかく、作り方を説明していきます。

アルパカブローチの作り方

用意するものはこちら。

f:id:GardenPorter:20151026113235j:plain

左から時計回りに、パンパスグラスの花穂、のり、なにか植物の実、ふわふわ、木の棒、ワイヤー、テープ、フェルト、ハート形の給水フォームです。

ちなみに給水フォームとはフラワーアレンジメントで使われる、切り花を刺す土台です。別にハート型である必要はないそうです。

f:id:GardenPorter:20151026114229j:plain

まず、給水フォームでアルパカの胴体と頭をつくります。足は木の棒にふわふわを巻つけて作ります。

そうしたらパンパスグラスの花穂を程よい長さに切り揃え、写真の様にワイヤリングしていきます。

ワイヤリングとはフラワーアレンジメントの技法の一つで、ワイヤーをぐるぐるすることです。

f:id:GardenPorter:20151026115012j:plain

そうしたらワイヤリングした毛束を一つ一つ向きを揃えて刺していきます。

このままだとボリューミーなので毛束をいい感じにカットしなくてはいけません。

このいい毛並みをつくる一連の作業が一番手間がかかって大変だそうです。

耳はフェルトをワイヤリングして作ります。

f:id:GardenPorter:20151026115654j:plain

植物のタネを使って目と鼻をつけたら完成です!

このときは目はホトトギスのタネを、鼻はヒメシャラのタネの殻を使ったそうです。

実際つけるとこんな感じです。

f:id:GardenPorter:20151026120338j:plain

f:id:GardenPorter:20151026120410j:plain

かわいいですね!

でも、外につけていったら壊れてしまうかもしれないから、大事にしまっておいたほうがいいと伝えておきました。

もっと気軽に作れて外に身につけていけるアクセサリーを模索中ですので、なにか思いついたらまた書いていこうと思います。

以上、アルパカブローチでした。

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

冬の花壇にも大活躍!「ハツユキカズラ」を紹介します

本日はGardenPorterに置いている商品を紹介していこうと思います。

紹介するのは今月の企画「葉っぱを愛でる」から、ハツユキカズラです。

今月の企画ってもう今月終りじゃん!と思った方、ご安心ください。

ハツユキカズラは冬の間も楽しむことができるんです。それでは紹介していきます。

ハツユキカズラについて

f:id:GardenPorter:20151026101918j:plain

学名 Trachelospermum asiaticum ‘Hatuyukikazura’
属名 キョウチクトウ科テイカカズラ属
別名 初雪カズラ
花色
花期 5〜6月
タイプ 常緑蔓性低木

特徴

11月、12月頃はまだ紅葉や秋の花々が花壇を彩ってくれていますが、1月、2月と冬が深まっていくにつれて花数が減っていって、少しお庭が寂しいと感じる方もいると思います。
そんなときの心強い助っ人がこのハツユキカズラです。常緑性なので年間を通して葉っぱを楽しむことができ、冬の間も紅葉を楽しむことができます。
強健な性質で暑さ寒さにも強く、つる性で地面を這うように広がるので、グランドカバーとしてもばっちりです。寄植やハンギングにも使えます。
新芽も美しく、ピンクと白の斑模様が入り、次第に緑色に変化していきます。
春になると稀に白い花を咲かせることがありますが、基本的に葉っぱを楽しむ植物です。
花が咲くのは本当に稀ですので、四葉のクローバー感覚で見れたらラッキーです。

 

原産地

ハツユキカズラはテイカカズラの園芸品種で、原産地は日本です。
テイカカズラは朝鮮や日本に自生しています。

その他

ハツユキカズラの発色のメカニズムについてはまだわかっていないことが多いそうです。
一般的に言われている色を出すポイントは3つ。
日光によく当てること、肥料を充分に与えること、水を充分に与えることだそうです。
皆さんもぜひ、ハツユキカズラを育てて見てください
f:id:GardenPorter:20151026101940j:plain
紅葉し始めたハツユキカズラ
www.gardenporter.com

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

海外と比較することで見えてくる!日本文化のおもしろさ〜「建築」編・後篇〜

前回、日本が木造建築の歴史を歩んできたことと、襖や障子などの境界を例に、日本の建築は朽ちては建て直すことが前提の「仮設的」であることがポイントだとお話ししました。

今回はその仮設性について、古来の国民の文化や思想が最も表れているだろう宗教建築を通してお話ししていきます。

↓前回の記事↓

自然に囲まれる神社

キリスト教の協会、イスラム教のモスク、 ヒンドゥー教の寺院、仏教の寺院、そして神道の神社。

実際にそれぞれ訪れて見ると、祈りの場で自然が重要視されているのは仏教と神道であることに気づきます。

そしてそれはどちらも日本に根付いている宗教です。

仏教はブッダが菩提樹の下で悟りを開いたこともあり、自然との繋がりを強く説いています。

特に日本の禅宗はお寺に枯山水や庭園をよくつくりますが、それは自然にこそ仏性が宿るという考えのもとです。

それでは神道はどうでしょう。

ここで思い返して欲しいのですが、神社って大体森の中にありませんか?

流石に都内の神社で森に囲まれているものは少ないかもしれませんが、必ず樹木が植わっているはずです。「御神木」というやつです。

樹木ではなく石がまつられているケースもありますよね。「磐座(いわくら)」といいます。

そしてこの御神木や磐座には「注連縄(しめなわ)」が巻かれています。

どうでしょう。神道が自然を重要視していることはなんとなく分かると思いますが、あの森や御神木、磐座や注連縄は一体何を表しているのでしょうか?

御神木

f:id:GardenPorter:20151023184707j:plain

神社の正体は森

意味がわからないタイトルだと思いますが、違うんです。説明させてください。

神社は「社(やしろ)」ともいいますよね。そして「杜(もり)」とも読みます。

神道は自然崇拝ですから、神社が作られる前から自然を神として信仰していました。

そして神が宿るとされていた石や樹木が分かるように印をつけました。それが御神木や磐座、注連縄の起源です。

ここでミソなのが、宿ると「されていた」というところです。日本の神様は西欧のように永久的にそこに存在するものではなく、来ては去っていく、去来するものなんです。

ですから、神が来るとされていた時だけ人々は祭壇や社をつくって祭りをし、去る時には全て壊すということを繰り返してきました。

その名残で伊勢神宮では今も20年に1度、社を建て替える「式年遷宮」が行われていますよね。

要するに何が言いたいのかというと、古代の日本人が重要視していたのは、建物ではなく空間そのものだったということです。

普段は何もないけれど、たまに神が現れる空間。そんな空間を意識してきたからこそ、日本人は「間」に敏感な習性をもつことになったのでしょう。

日本人が感じる「間」の根源はここにあると私は思います。

f:id:GardenPorter:20151023185157j:plain

神社の結界

以上、今まで間についていろいろ書いてきましたが、今回は核心的な間の根源について書いてみました。

正直、私が研究してきたことはもうほとんど書ききってしまったので、また新たになにか発見したら、続きを書いていこうと思います。

こんなよく分からない話しに付き合って頂きありがとうございました!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

ハロウィン企画!ジャック・オー・ランタンの作り方!

さあ、いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました!

とは言うもののいまいちハロウィンがなんなのかいまだによく分かっていない私です。

ですが植物を使った行事と聞けばGardenPorterが黙っていません!

ということでカボチャを使ってハロウィンのシンボル「ジャック・オー・ランタン」をつくってみようと思います。

どうやら悪霊を退けてくれるようですよ。そりゃあいい!

※ナイフを使う作業がありますので、手の力が弱い方や、小学校中学年以下のお子さまの作業はご遠慮ください。それ以外の場合も親御さんがそばにつくなどして、一緒に作業することをおすすめします。

用意するものはこれだけ!

カボチャ、ナイフ、ペン、スプーン、小さいろうそくです。

以前、一緒に寄植えづくりをしてくれたTさんも手伝ってくれるというので、カボチャは2つ用意しました。

f:id:GardenPorter:20151022143412j:plain

まずはナイフでカボチャのお尻をまるーく切り抜きます。

皮は固く、ナイフを丸く滑らすのは難しいので、サクサク差し込む感じで切っていくといいです。

f:id:GardenPorter:20151022155950j:plain

次はスプーンで中の果肉をえぐり出します。

結構ガリガリ削っちゃって大丈夫です。貫通してしまうのが心配なら、ライトに透かすなど確認しながらやるといいです。

果肉が残っているほど腐りやすくなるので、なるべく薄くしましょう。

f:id:GardenPorter:20151022160246j:plain

そうしたらいよいよペンで顔を書いて、カッターでくり抜きます。

ここが一番楽しくも難しいところですね。

回りを切らないように慎重に・・・。さすがに細かいところは小さなナイフを使いました。

f:id:GardenPorter:20151022161021j:plain

うまくくり抜けたら・・・完成です!

f:id:GardenPorter:20151022162104j:plain

じゃ〜ん!左が私で、右がTさんです。

2人の性格をうまく表しているといえますね。多くは口にしません。

それでは早速部屋の明かりを消して、ろうそくの上に被せて見ようと思います!

3…..

2….

1…

f:id:GardenPorter:20151022163141j:plain

ギャーッ!!燃えましたー!!いや、本当に。

かぼちゃがろうそくに対し小さすぎたため、上の部分がこげてすごく美味しそうな匂いがしてきました。

しかも完全に被せるとカボチャ内の酸素が無くなって一瞬でろうそくが消えます。

なのでちょっと浮かせて持っていないとダメです。

皆さんもカボチャを光らせたい場合は、もう少し大きなカボチャにするかLEDライトなどを使いましょう!くれぐれも火事には気をつけてください!

それでは、よいハロウィンを!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

琵琶湖を望む花の楽園!「ガーデンミュージアム比叡」へ行ってきました!〜中篇〜

比叡山の山頂にある「ガーデンミュージアム比叡」について前回から引き続き書いていきます。

↓前回の記事↓

前回紹介し忘れたのですが、入口のお花畑の中にお気に入りの花を見つけました。

f:id:GardenPorter:20151022112953j:plain

f:id:GardenPorter:20151022113040j:plain

「アストランチア」という花で、なにか不思議な魅力があります。

今まで切り花としてしか見たことがなかったので、感動してしまいました。

2枚目の写真をよく見ると「すごく強い信念を持ったアリ」が一匹登ってきていました。よく登ったなあ。

花畑を抜けると、また花畑があるのですが、ショーガーデン的なお庭もいくつかありました。

f:id:GardenPorter:20151022120100j:plain

なんと可愛らしいのでしょうか。思わずあのイスに座ってみたくなりますね!

でも私は「何事も実際座るよりも遠くで見ていた方が美しい」という哲学を知っているので、決して座ろうとしませんでした。

でもそこへ子どもたちがやってきて、滅茶苦茶楽しそうにはちゃめちゃなイス取りゲームをやり始めたので、なんだか負けた気がして悔しかったです。

そんなことより気になったのが、両端の黄色いレモンみたいなやつです。

f:id:GardenPorter:20151022122724j:plain

その正体は「フォックスフェイス」別名ツノナス、カナリアナス。レモンではなくてナスでした。

確かに果実の形が狐の顔のように見えますね!残念ながら毒があるらしく、食用にはむいてないです。

学名は「Solanum mammosum」。mammosumとはラテン語で「たくさんの乳頭突起をもつ」という意味だそうです。

なので「Tobita mammosum」を要約すると「たくさんの乳頭突起をもつ飛田」となります。それだけです。

ちなみに先ほどの子どもたちに、「これ、レモンじゃないから食べちゃだめだよ!」というと完全にシカトされました。

f:id:GardenPorter:20151022125103j:plain

少し歩くと大きな球状の寄植を発見しました。

丸いボールに苗を植える穴が空いていて、なんとなく「風の谷のナウシカ」に出てくるオームみたい・・・と思っていると後ろに「もののけ姫」のコダマがいたので本当に怖かったです。

ここまで来ると低木が多く植えられていて、

f:id:GardenPorter:20151022134045j:plain

枝が必ず3つに分岐する「ミツマタ」という木や

f:id:GardenPorter:20151022134356j:plain

紅葉真っ盛りの「ニシキギ」に出会えました。

花だけでなく樹木も楽しめます!

 

以上、続きは後編で!

 

記事・・・飛田亮

 

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

 

よろしくお願いいたします。

 

☆新商品入荷☆真っ赤な実を楽しめるカマツカコケモモなど

本日は木曜日!ということで新商品が入荷しましたので、いくつかピックアップして紹介していこうと思います。

本日入荷したのはこちら。

斑入りユキノシタ「雪月花」と「御所車」、西表島ショウジョウバカマ、キヨスミシラヤマギク、カマツカコケモモ、サクラタデ、ベニバナダイモンジソウの計7種です。

今回はその中からカマツカコケモモをピックアップして紹介していきます。

カマツカコケモモについて

f:id:GardenPorter:20151022085421j:plain

学名 Cotoneaster morrisonensis
属名 バラ科シャリントウ属
別名 コケモモカマツカ、ハイシタン
花色
花期 5〜6月
タイプ 常緑性低木

特徴

「実りの秋」というだけに、この時期は実を楽しめる草花がたくさん流通しています。
このカマツカコケモモもその一つで、秋になると燃えるような真っ赤な実をたくさんつけ、楽しませてくれます。
春には白い小さな花を咲かせるので、年間を通して四季を感じながら育てる楽しみもあります。

原産地

原産地は台湾です。
今では本州の高山地帯や北海道に分布しています。そのため寒さに強く、育てやすい植物です。

その他

カマツカコケモモは刈込みに耐える性質を持っているので、盆栽としても人気です。
枝ぶりが這うように伸びていくので、おもしろい樹形に育てることもできます。
強健で丈夫な性質なので、盆栽初心者にもおすすめです。四季を感じるカマツカコケモモを、ぜひ盆栽として育ててみてはいかがでしょうか。
f:id:GardenPorter:20151022085440j:plain
www.gardenporter.com

 

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。