☆新商品入荷☆ガラス玉のような真っ赤な実「マイヅルソウ」など

 

今週の新着商品の入荷は、

・マイヅルソウ

が一点と、

・キントラノオ

・スミレイワギリソウ

などの商品が再入荷しております。

今回はこの中からマイヅルソウとキントラノオについて紹介していきます。

マイヅルソウについて

f:id:GardenPorter:20171026131047j:plain

  • 学名・・・Maianthemum dilatatum
  • 属名・・・キジカクシ科マイヅルソウ属
  • 花期・・・5~6月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・多年生宿根草

 特徴

春になると伸ばした花茎に小さな白い花を数輪咲かせます。

花後には実ができ、秋には真っ赤に熟します。

葉はハート形をしており、葉脈の模様が家紋の舞鶴紋に見えることが名前の由来です。

草丈は10~20cm程で、ランナーで増えていきます。

鉢植えやお茶花におすすめです。

 原産地

ユーラシア北東部、北アメリカ北西部などに広く分布しています。

亜高山帯の森林や林縁、湿地に好んで生育します。

 育て方

秋~春までは日なた、夏の間は強い日差しを避けて涼しい日陰で育てます。

乾燥に弱く、空中湿度を好むので水やりの際は周囲も濡らしたり、葉水をやるといいです。

 

キントラノオについて

f:id:GardenPorter:20171026141136j:plain

  • 学名・・・Galphimia glauca
  • 属名・・・キントラノオ科キントラノオ属
  • 花期・・・7~10月
  • 花色・・・黄色
  • タイプ・・・非耐寒性常緑低木

 特徴

夏から秋にかけて黄色い小花をたくさん咲かせます。

耐寒性がないためあまり流通していませんが、鮮やかな花を一面咲かせる様は美しいです。

冬は室内で観葉植物として楽しめます。

鉢植えにおすすめです。

 原産地

メキシコ原産です。

   育て方

耐暑性は強いですが耐寒性はありません。

10~13℃以上必要なので、冬季は室内で越冬させましょう。

水やりは表土が乾いたらたっぷりと、冬は乾燥気味に与えます。

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

 

記事・・・飛田亮

ハロウィンの寄せ植えに使いたい草花10選

もうすぐハロウィン。ということで、今回はハロウィン気分を盛り上げる寄せ植えに使えそうな植物たちを紹介していきます。

ハロウィンっぽい色といえばオレンジや黄色の明るい暖色、そしてちょっとホラーでダークな黒や紫。

そういった色や雰囲気の植物をうまく組み合わせればハロウィンらしくなると思うので、参考にしてみてください。

ゴシキトウガラシ

f:id:GardenPorter:20171012145021j:plain

  • 学名・・・Capsicum
  • 属名・・・ナス科トウガラシ属
  • 花期・・・6〜9月
  • タイプ・・・多年生宿根草

観賞用のトウガラシです。

初夏に花を咲かし、夏から秋にかけて色とりどりの実を楽しむことができます。

様々な品種があり、「ブラックパール」や「パープルフラッシュ」などは草姿が黒紫色を呈し、カラーリーフとしても楽しむことができます。

ジニア

f:id:GardenPorter:20171012145144j:plain

  • 学名・・・Zinnia
  • 属名・・・キク科ヒャクニチソウ属
  • 花期・・・5〜11月
  • 花色・・・白,赤,ピンク,オレンジ,黄,緑,複色
  • タイプ・・・一年草

丈夫で花つきがよく花期も長いことから花壇や寄せ植えの定番です。

黄色やオレンジのビタミンカラーを寄せ植えに加えることでパッと明るくハロウィンらしくなります。

ブラックキャット

f:id:GardenPorter:20171012145340j:plain

  • 学名・・・Tacca chantrieri
  • 属名・・・タシロイモ科タシロイモ属
  • 花期・・・7〜10月
  • 花色・・・黒、紫、白
  • タイプ・・・多年生宿根草

東南アジア〜マレー半島原産の熱帯植物です。

花がコウモリが羽を広げた姿に見えるためバットフラワーとも言われています。

まさにハロウィンにぴったりの植物ではないでしょうか。

近年日本でも流通し始めたようです。

キバナコスモス

f:id:GardenPorter:20171012145622j:plain

  • 学名・・・Cosmos sulphureus
  • 属名・・・キク科コスモス属
  • 花期・・・6〜11月
  • 花色・・・赤、オレンジ、黄色
  • タイプ・・・多年生宿根草

メキシコ原産のコスモスの仲間です。

道端で野生化して咲いているのを目にすることがありますが、草丈30cm程度の園芸品種が流通しているので少し花に高さが欲しいときに寄せ植えで活躍してくれます。

ヒューケラ

f:id:GardenPorter:20171012145716j:plain

  • 学名・・・Heuchera
  • 属名・・・キク科コスモス属
  • 花期・・・5〜7月
  • タイプ・・・多年生宿根草

カラーリーフプランツとして使える寄せ植えの定番です。

様々な葉色が流通しているので、暗めのシックなものや黄〜赤系統のものを入れるとハロウィンの雰囲気が出るでしょう。

ケイトウ

f:id:GardenPorter:20171012150022j:plain

  • 学名・・・Celosia argentea
  • 属名・・・ヒユ科ケイトウ属
  • 花期・・・7〜11月
  • 花色・・・赤,ピンク,黄,オレンジ,淡緑
  • タイプ・・・多年生宿根草

インド、熱帯アジア原産の秋花壇の定番です。

人目を惹く花色で寄せ植えを目立たせてくれること間違いなしです。

個人的にあの脳みそのような花姿はハロウィンにぴったりだと思います。

フォックスフェイス

f:id:GardenPorter:20171012150123j:plain

  • 学名・・・Solanum mammosum
  • 属名・・・ナス科ナス属
  • 花期・・・7〜9月
  • タイプ・・・一年草

熱帯アメリカ原産で、秋にキツネの顔のような形をした黄色い実を付けます。

ハロウィン寄せ植えの飾りに、カボチャと一緒にこの実を飾っても可愛らしいと思います。

シーマニア

f:id:GardenPorter:20171012150355j:plain

  • 学名・・・Gloxinia sylvatica
  • 属名・・・イワタバコ科グロキシニア属
  • 花期・・・10〜2月
  • 花色・・・黄,オレンジ
  • タイプ・・・多年生宿根草

南米原産の多年草です。

夏から冬にかけて色鮮やかなオレンジ色の唇形花を咲かせます。

ハロウィンの時期に出回ることが多く、ハロウィンの花として定着しつつあります。

アカバセンニチコウ

f:id:GardenPorter:20171012150502j:plain

  • 学名・・・Alternanthera dentata ‘Rubiginosa’
  • 属名・・・ヒユ科ツルノゲイトウ属
  • 花期・・・10〜2月
  • 花色・・・白
  • タイプ・・・多年生宿根草

株全体が褐色を呈し、秋から冬にかけて白い丸っこい花を咲かせます。

草丈は30〜50cm程度に成長します。

寄せ植えのアクセントとして活躍してくれます。

シロミノルイヨウショウマ

f:id:GardenPorter:20171012150723j:plain

  • 学名・・・Actaea erythrocarpa f. leucocarpa
  • 属名・・・キンポウゲ科ルイヨウショウマ属
  • 花期・・・5〜6月
  • 花色・・・白
  • タイプ・・・多年生宿根草

初夏に白い穂状の花を咲かし、秋に白い実を付けます。

白い実には黒い点があり、まるで目玉の様に見えるちょっと不気味な植物です。

寄せ植えにホラー要素を取り入れたい場合はおすすめです。

以上、ハロウィンの寄せ植えに使いたい植物たちを紹介してきました。

以前書いたジャック・オー・ランタンのつくり方も載せておきますので、ハロウィンに向けて参考にしてみてください。

記事・・・飛田亮

☆新商品入荷☆見返すほどの美しさ「斑入りミカエリソウ」など

本日も新着商品がいくつか入荷しております。

今回入荷したのは、

・ダイモンジソウ「白糸の滝」
・斑入りミカエリソウ
・タニカワノコンギク

の3点の草花たちです。

他にも松ぼっくり付きクロマツなどの商品が再入荷しております。

今回は斑入りミカエリソウとダイモンジソウ「白糸の滝」について紹介していきます。

斑入りミカエリソウについて

f:id:GardenPorter:20171012075442j:plain

  • 学名・・・Leucosceptrum stellipilum
  • 属名・・・シソ科テンニンソウ属
  • 花期・・・9〜10月
  • 花色・・・淡紅色
  • タイプ・・.・落葉低木

 特徴

大きな葉とブラシ状の花穂が可愛らしい落葉低木です。

夏から秋にかけて淡紅色をした花を咲かせます。

茎の頂部に蕾がつき、一つ一つの花は花冠から雄しべが長く突出しています。

この花の美しさに「人が見返る」ことから名付けられました。

葉は大きな楕円形で縁にギザギザの鋸歯があり、本種は美しい斑模様が入ります。

花後になる実も赤みを帯びています。

一見多年草のようですが茎は木質化している為、低木に分類されます。

茶花や切り花としてもおすすめです。

 原産地

ミカエリソウは本州の中部地方以西に自生しています。

山地の木陰などに好んで生息しています。

育て方

日なた〜半日陰を好みますが、夏季の直射日光を受けると葉焼けを起こしてしまう恐れがあるので気を付けます。

花がらや枯れ葉は蒸れの原因になるので適宜取り除きます。

水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

ダイモンジソウ「白糸の滝」について

f:id:GardenPorter:20171012075506j:plain

  • 学名・・・Saxifraga fortunei var.incisolobata
  • 属名・・・ユキノシタ科ユキノシタ属
  • 花期・・・9〜11月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・・多年生宿根草

特徴

ダイモンジソウの八重咲き品種です。

秋になると白い八重咲きの花をたくさん咲かせます。

その姿がまるで白糸の滝のように見えることから名付けられました。

他のダイモンジソウと比べると遅咲きで、葉が大きめです。

鉢植えにおすすめです。

 原産地

ダイモンジソウは日本列島、中国、朝鮮半島などに広く分布しています。

山地や渓谷の岩場に好んで生息しています。

   育て方

春は日なた、夏以降は半日陰〜日陰の環境で育てます。

用土は水はけの良いものを好みます。

水分を好むので、表土が乾いたらたっぷりと与えます。

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

記事・・・飛田亮

植物界の一発屋?新葉の色合いが美しい樹木8選

 今回のテーマは新葉。

秋の始まりに春の始まりのことを書こうとする、季節感を縦横無尽に駆け巡るGardenPorterです。よろしくお願いします。

さて、植物には数え切れない程の様々な種類があり、その数だけ各々の異なった見どころがあります。

やはり植物の最たる見どころといえば花でしょうが、カラーリーフなど葉に見どころがある植物もありますね。

今回紹介するのは、中でも変わった所に見どころがあるなかなかマニアックな植物たちです。

その見どころとは新葉。

春に芽吹く新葉にこそ最も魅力がある植物界の一発屋?(いい意味で)な植物たちを紹介していきます。

 

レッド・ロビン

f:id:GardenPorter:20170928140559j:plain

  • 学名・・・Photinia × fraseri’Red Robin’
  • 属名・・・バラ科カナメモチ属
  • 花期・・・5〜6月
  • 花色・・・白
  • タイプ・・.・常緑小高木

カナメモチの仲間で、カナメモチとオオバカナメモチの交配品種です。

生垣としてよく使われるので街中で見かけることも多いでしょう。

新葉が真っ赤なのが特徴で、季節関係なく剪定後に伸びる新芽が真っ赤になります。

春に白い花を咲かせますが、良く刈り込まれるのでなかなか目にするのは難しいかもしれません。

 

ハクロニシキ

f:id:GardenPorter:20170928140733j:plain

  • 学名・・・Salix integra
  • 属名・・・ヤナギ科ヤナギ属
  • タイプ・・.・落葉低木

ヤナギの仲間、イヌコリヤナギの園芸品種です。

白とピンクの混じった斑入り葉が特徴で、5〜6月頃に新葉の美しさが際立ちます。

7月頃には緑色になり、秋には黄葉して落葉します。

近年庭木として人気が出ている樹木です。

 

ミモザ「プルプレア」

f:id:GardenPorter:20170928140820j:plain

  • 学名・・・Acacia baileyana ‘Purpurea’
  • 属名・・・マメ科アカシア属
  • 花期・・・3〜4月
  • 花色・・・黄色
  • タイプ・・.・常緑高木

ギンヨウアカシアの一品種です。

新葉が鮮やかな紫色になるのが特徴です。

花は他のミモザと同様早春に黄色い小花を多数咲かせます。

 

チャンチン

f:id:GardenPorter:20170928141018j:plain

  • 学名・・・Toona sinensis
  • 属名・・・センダン科Toona属
  • 花期・・・3〜4月
  • 花色・・・白
  • タイプ・・.・落葉高木

中国原産の落葉高木で、日本には江戸時代に入ってきたといわれています。

上方向にスラーっと伸びるので街路樹に使われることもあります。

春の新葉が美しく、サクラの花と見間違えるような鮮やかなピンク色が特徴です。

 

ネグンドカエデ

f:id:GardenPorter:20170928141118j:plain

  • 学名・・・Acer negundo
  • 属名・・・カエデ科カエデ属
  • 花期・・・4〜5月
  • タイプ・・.・落葉低木

和名はトネリコバノカエデ。

その名の通りトネリコのような葉の形で、一見カエデとはわかりません。

新葉の鮮やかな品種がいくつかあり、中でも「フラミンゴ」は白と桃色の混じったトリカラーをして人目を惹きます。

 

センリョウ「ダークショコラ」

f:id:GardenPorter:20170928141255j:plain

  • 属名・・・センリョウ科センリョウ属
  • 花期・・・5〜6月
  • 花色・・・赤
  • タイプ・・.・常緑小低木

センリョウのカラス葉品種です。

4〜5月頃に展開する新葉が見どころで、ツヤのある黒褐色の葉が特徴です。

センリョウはどちらかというと和風な雰囲気がありますが、本種はシックな雰囲気があり洋風の庭にも映えます。

 

リーア・コッキネア「ルブラ」

f:id:GardenPorter:20170928141533j:plain

  • 学名・・・Leea coccinea ‘Rubra’
  • 属名・・・ブドウ科ウドノキ属
  • 花期・・・6〜7月
  • 花色・・・ピンク
  • タイプ・・.・常緑低木

ミャンマー原産の常緑低木で、ナンテンのような雰囲気があります。

葉が赤紫色をしており、特に新葉はツヤ感があって美しいです。

夏にピンク色の花が咲き、黒い実も楽しめます。

 

ナンテン「トワイライト」

f:id:GardenPorter:20170928141651j:plain

  • 学名・・・Nandina domestica ‘Twilight’
  • 属名・・・メギ科ナンテン属
  • タイプ・・.・常緑低木

アメリカで育種されたナンテンの斑入り品種です。

新葉が桃色と白の混ざったトリカラーになり美しいです。

あまり大きくならず、低い草丈のままこんもりと茂る様を楽しめます。

 

 以上、新葉が美しい植物たちを紹介してきました。

まだまだあるので、ぜひ気になった方は調べてみてくださいね。

 

記事・・・飛田亮

☆新商品入荷☆秋の風物詩「モモヤマノコンギク」など

本日も新着商品がいくつか入荷しております。

今回入荷したのは、

・ヤスハナセキショウ
・モモヤマノコンギク
・チョウセンノギク
・ナミノハナダイモンジソウ
・キイイトラッキョウ

の5点の草花たちです。

今回はモモヤマノコンギクとキイイトラッキョウについて紹介していきます。

モモヤマノコンギクについて

f:id:GardenPorter:20171005082822j:plain

  • 学名・・・Aster ageratoides subsp. ovatus
  • 属名・・・キク科シオン属
  • 花期・・・10〜11月
  • 花色・・・薄紫色
  • タイプ・・.・多年生宿根草

 特徴

日本で古くから秋の風物詩として親しまれてきたノコンギクの仲間です。

秋になると淡い紫色〜ピンク色をした可愛らしい花を咲かせます。

草丈は地植えにすると最大で80cm程とわりと大きく育ちます。

初心者でも育てやすく、花壇や寄せ植え、切り花や茶花としてもおすすめです。

 原産地

モモヤマノコンギクはノコンギクの桃花品種です。

ノコンギク自体は道端や山道など日本各地で見られます。

 育て方

強健な性質をもつ丈夫な植物なので、初心者にもおすすめです。

日当たりは日なたを好みます。

黄色くなった下葉や花がらは蒸れの原因になるので、適宜取り除きましょう。

キイイトラッキョウについて

f:id:GardenPorter:20171005082933j:plain

  • 学名・・・Allium virgunculae var. kiiense
  • 属名・・・ユリ科ネギ属
  • 花期・・・8〜10月
  • 花色・・・淡紅色
  • タイプ・・・多年生宿根草

 特徴

日本固有種のイトラッキョウの仲間です。

夏から秋にかけて淡いピンク色の可愛らしい小花を咲かせます。

花は雄しべが突出しており、花弁よりも長いのが特徴です。

草丈は15cmと低く、コンパクトにまとまります。

鉢植えやロックガーデンにおすすめです。

 原産地

和歌山県原産です。

山地の日当たりの良い岩場に好んで生育します。

絶滅危惧種に登録されている希少な種でもあります

   育て方

風通しの良い日なたを好みますが、夏季の直射日光は避けてください。

水切れを嫌うので、表土が乾いたらたっぷりと水やりします。

用土は桐生砂や軽石などを混ぜた排水性のいいものを好みます。

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

記事・・・飛田亮