☆新商品入荷☆金魚のような葉っぱが可愛らしい「金魚葉シロワビスケ」など

Pocket
LINEで送る

今週の新着商品は、

・金魚葉シロワビスケ

また、

・ヤクシマノボタン

・ヒメコウジ

・イワユキノシタ

 

などの商品が再入荷しております。

今回はこの中から金魚葉シロワビスケとイワユキノシタについて紹介していきます。

金魚葉シロワビスケについて

  • 学名・・・Theaceae Camellia
  • 属名・・・ツバキ科ツバキ属
  • 花期・・・1~3月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・常緑中高木

 特徴

冬に花咲くツバキの園芸品種です。

1~3月頃になると純白の清楚な小振りの花を咲かせます。

葉の形が特徴的で、葉の先端が金魚の尾びれのように分岐する「金魚葉」品種です。

ワビスケ椿の特徴は、おしべの葯が退化し花粉をつくらず、花は小振りで葉も細く、全体的に繊細な雰囲気があります。

お茶花、切り花として人気があります。

 

 原産地

ツバキの園芸品種です。

ツバキ自体は日本の本州、四国、九州、南西諸島、海外では朝鮮半島南部、台湾などに自生しています。

 

 育て方

日当たりは日なた~半日陰を好みます。

あまり西日が当たらない場所で育てるといいです。

用土は水はけの良い弱酸性のものを好みます。

 

イワユキノシタについて

  • 学名・・・Hydrangea paniculata
  • 属名・・・ユキノシタ科イワユキノシタ属
  • 花期・・・5~6月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・・多年生宿根草

 特徴

地被植物でおなじみのユキノシタの仲間です。

花の咲く時期は春~初夏の頃で、花茎を伸ばして白い小花を咲かせます。

葉はユキノシタに比べ細長く小振りです。

鉢植えや草盆栽におすすめです。

 

 原産地

本州の東海地方~四国にかけて自生しています。

奥深い山地の湿った岩場などに好んで生息します。

   育て方

日当たりは半日陰~明るい日陰を好みます。

強い直射日光に当てないよう注意しましょう。

水を好むので、表土が乾いたらたっぷりと与えます。

用土は水はけの良いものを好みます。

ランナーを伸ばして増えていくので、株分けして増やします。

 

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

 

記事・・・飛田亮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA