なぜ雪の日本庭園は美しいのか?雪化粧を愛でる日本人の3つの美意識

冬の風物詩の一つである、雪の降り積もった日本庭園。

いつもの庭園とはまた違った一面を見せてくれる雪の庭は、私たちの心を惹きつけてやみません。

それは何故か。

もちろん純白の雪化粧が美しいからなのですが、細かく分析していくとそれは日本人独特の感性が起因しているといえます。

今回は、雪の日本庭園を目にしたとき湧き上がる日本人の美意識について考察していきます。

自然が人の作為を覆うとき

言はずもがな、庭とは人がつくるものです。

日本の庭はかつての利休の時代には「市中の山居」と形容されたように、深山幽谷の大自然の景を凝縮し模したもの。

しかし、いくら模倣しようともあくまで人の手によってつくられるものなので「自然風」の域を超えることは難しい。

だからこそ、そこには強い自然への憧憬が込められてきました。

しかし雪が降り積もることによって、あちこちに見え隠れしていた人の作為が覆い隠される。

雪という自然現象の力によって、作為は消え去り純真無垢なありのままの景に生まれ変わるのです。

それはありのままの自然と共生したいと願い続けてきた日本人の悲願が成就された瞬間と言えるかもしれません。

色を失った水墨山水の世界

墨の濃淡と余白のみで構成される水墨山水の世界。

鎌倉時代、禅と共に日本に伝わった山水画は禅宗の興隆とともに次第に日本化していき、枯山水の石庭がつくられるきっかけにもなる伝統芸能への道を辿っていきました。

雪の降り積もった日本庭園はまさに幽玄な山水画の世界そのもの。

そこには白と黒の冷え寂びた風景が広がるばかりです。

そんなリアルな山水の世界に浸っていると、日本人の美意識の底流に流れる禅的な美意識が研ぎ澄まされていきます。

侘び寂びや枯れ、やつしといった引き算の美意識は禅文化から沸き起こったもの。

現代の物質社会では感じるいとまのないそれらの美意識が甦り、人生において忘れてしまいがちな大切なことを教えてくれます。

型が崩れ表出する「かわいい」

日本の美意識のうち、現代の暮らしにもっとも息づいているものの一つは「かわいい」という感覚かもしれません。

やたらとかわいいと口にしたがる私たちですが、そのルーツを辿ると平安時代の「をかし」や「もののあはれ」に見ることができます。

かわいいとは不足の美。どこかが足りていない、その隙間に感じる趣や面白さに私たち日本人はとても敏感にできています。

そんなかわいさが、雪となって日本庭園に舞い落ちる。

日本庭園といえばどちらかというと格式高い、厳かな雰囲気がありますよね。

恐らく迫力のある石組みや石灯篭などの添景物のおかげかと思いますが、それらに雪が積もるとどうなるか。

まるで白いふかふかの帽子を被っているようで、どんなに厳めしい表情の石もかわいく見えてきてしまうわけです。

普段とは違うギャップ萌えにも近しい、かわいいもの好き日本人のお眼鏡にかなった様相を繰り広げてくれるのです。

 

以上、雪の日本庭園に対する日本人の美意識について考察してみました。

他にも、枯山水や神社の神域を表す白砂の空間。あのイメージを雪の庭園に重ねて神聖で清廉とした空間に感じるから、といったようなことも考えられます。

なにはともあれ、雪化粧の庭ほど美しいものはありません。

是非皆さんもこの冬、雪景色の庭園にて思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

記事・・・飛田亮

☆商品紹介☆雪の下から花を咲かせる「赤花ミスミソウ」など

今週は、

・シマントカワヤナギ

・アカバナミスミソウ

・イヌビワ

・タイワンバイカカラマツ

・ホウオウチク

 

などの商品が再入荷しております。

今回はこの中からアカバナミスミソウとタイワンバイカカラマツについて紹介していきます。

アカバナミスミソウについて

  • 学名・・・Hepatica nobilis var.japonica
  • 属名・・・キンポウゲ科ミスミソウ属
  • 花期・・・2~5月
  • 花色・・・ピンク色
  • タイプ・・.・宿根多年草

 特徴

冬に花を咲かせるキンポウゲ科の多年草です。

冬~早春~春にかけて、伸ばした花茎にピンク色の可愛らしい花を咲かせます。

降り積もった雪の下から顔を覗かせ、春の到来を告げてくれることから名付けられました。

キンポウゲ科の特徴として、花弁に見えるのはガクで、花弁は退化しています。

花は先端が3つに裂け、丸まった形が可愛らしいです。

鉢植えや冬の寄せ植えにおすすめです。

 

 原産地

本州から四国にかけて自生しています。

山地の林床や斜面に好んで生育します。

 

 育て方

冬~春は日なたで管理し、梅雨頃からは明るい日陰で育てます。

夏の強い直射日光が苦手なので注意します。

用土は通気性、排水性の優れたものを好みます。

病害虫の発生を防ぐために、花後の花がらや古葉を取り除くようにしましょう。

 

 www.gardenporter.com 
アカバナミスミソウ(赤花三角草) / 滋賀県から山野草とガーデニンググッズをお届け...
http://www.gardenporter.com/products/detail.php?product_id=229&admin=on
滋賀、京都でガーデニンググッズをお届けするガーデンポーターは、お庭のプロが選んだガーデニング用品をお届けするサービスです。様々な花の苗や樹木、土や煉瓦、おしゃれなスコップや鋏など、お庭造りに必要なものを造園のプロの視点でセレクトしてお届けします。

タイワンバイカカラマツについて

  • 学名・・・Thalictrum urbaini
  • 属名・・・キンポウゲ科カラマツソウ属
  • 花期・・・4~5月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・宿根多年草

 特徴

春に花を咲かせるキンポウゲ科の植物です。

ハリガネのような細い茎をもつ繊細な姿が特徴的で、4~5月頃に茎の頂部に白い小花を咲かせます。

和名では「高砂唐松(タカサゴカラマツ)」とも呼ばれています。

細い茎は紫色を帯び、細いわりには丈夫です。

草丈は10~40cm程度に成長します。

鉢植えにおすすめです。

 

 原産地

台湾原産です。

   育て方

芽だし~開花までは日当たりの良い場所で、開花後からは木漏れ日が当たるような明るい日陰で管理します。

水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

夏季は地上部を枯らし休眠期に入ります。

冬の寒さに強い丈夫な種です。

 

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

 

記事・・・飛田亮

冬でも楽しめる観葉植物。魅力的なサボテン8選

寒いこの時期にガーデニングする気になれない・・・という方におすすめしたいのが室内でも楽しめる観葉植物。

その中でも今回は魅力的なサボテンたちを紹介していきます。

ゲッカビジン

  • 学名・・・Epiphyllum oxypetalum
  • 属名・・・サボテン科クジャクサボテン属
  • 花期・・・6~11月
  • 花色・・・白色

美しい花を咲かせることで知られるサボテンの仲間です。

メキシコの熱帯雨林原産で、一晩だけ開花する貴重な白い花を咲かせます。

花には甘く優雅な強い香りがあります。

茎は葉の様に平たく薄いのが特徴です。

キンシャチ

  • 学名・・・Echinocactus grusonii
  • 属名・・・サボテン科タマサボテン属
  • 花期・・・6~11月
  • 花色・・・黄色

かなりポピュラーなサボテンの一つです。

メキシコ原産で、金色のトゲと丸いフォルムが特徴です。

20年以上経たたないと花が咲かないので、花を楽しむには根気強さが必要です。

スミエボシ

  • 学名・・・Opuntia rubescens
  • 属名・・・サボテン科オプンチア属
  • 花期・・・6~11月
  • 花色・・・黄色

ウチワサボテンの仲間です。

両手を挙げて万歳しているようなシルエットのものが多く、万歳サボテンなどとも呼ばれます。

その見た目から、贈り物としても人気があります。

花は鉢植えだとなかなか咲きません。

ヒボタン

  • 学名・・・Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii cv. Hibotan
  • 属名・・・サボテン科ギムノカリキウム属

元はパラグアイ原産の斑入り品種でしたが、日本で品種改良された結果真っ赤な姿になりました。

それ自体では光合成できないため、台木に接ぎ木された状態で流通しています。

ユニークな見た目で贈りものとして人気があります。

シャコバサボテン

  • 学名・・・Schlumbergera
  • 属名・・・サボテン科スクルンベルゲラ属
  • 花期・・・10~12月
  • 花色・・・ピンク

ブラジル原産のハシラサボテンの仲間です。

葉がシャコのような平たい形で、下垂するのが特徴です。

花付きが良く、園芸店などでもよく流通しています。

リプサリス

  • 学名・・・Rhipsalis
  • 属名・・・サボテン科リプサリス属
  • 花期・・・4~6月
  • 花色・・・白、黄

細い茎が多方向に伸びるユニークなサボテンです。

北アメリカ~南アメリカの熱帯雨林に自生しています。

茎が平べったいものや細く枝分かれするものなど、様々な種類があります。

マミラリア・プルモサ

  • 学名・・・Mammillaria plumosa
  • 属名・・・サボテン科マミラリア属
  • 花期・・・2~5月
  • 花色・・・白、黄

メキシコ原産のサボテンの仲間です。

和名では「白星」と呼ばれ、白い羽毛状のトゲに覆われているのが特徴です。

女性に人気のある可愛らしいサボテンです。

ウバタマ

  • 学名・・・Lophophora
  • 属名・・・サボテン科ウバタマサボテン属
  • 花期・・・2~5月
  • 花色・・・白

アメリカ南西部~メキシコ北部に自生します。

丸い球状で、棘が無くプニプニした柔らかい感触が特徴です。

普通のサボテンとは違った魅力があります。

 

以上、観葉植物として楽しめる魅力的なサボテンたちを紹介してきました。

記事・・・飛田亮

☆商品紹介☆真っ赤な実を楽しめる「カマツカコケモモ」など

今週は、

・ギンリュウ

・クリスマスローズ「ニガー」

・斑入りヤブコウジ

・カマツカコケモモ

・オウゴンミズキ

などの商品が再入荷しております。

今回はこの中からカマツカコケモモとオウゴンミズキについて紹介していきます。

カマツカコケモモについて

  • 学名・・・Cotoneaster morrisonensis
  • 属名・・・バラ科シャリントウ属
  • 花期・・・4~6月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・常緑低木

 特徴

バラ科の常緑低木です。

春になると白く小さな可愛らしい花を咲かせ、秋には真っ赤な実を楽しめます。

実はすぐに落ちず冬まで楽しむことができます。

「ハイシタン」とも呼ばれるように、横に這う様に成長していきます。

実はカマツカ、葉はコケモモに似ていることから名付けられました。

盆栽として小さく仕立てたものが人気です。

 原産地

原産地は台湾です。

本州の高山地帯や北海道にも自生しています。

 育て方

寒さには強いですが、高温多湿を嫌うので夏場の管理には気を付けましょう。

水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

刈り込みにも耐える強い性質をもつので、盆栽初心者の方にもおすすめです。

 

オウゴンミズキについて

  • 学名・・・Cornus stolonifera‘Flaviramea’
  • 属名・・・ミズキ科ミズキ属
  • 花期・・・5~6月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・落葉低木

 特徴

ミズキの仲間の落葉低木です。

シラタマミズキの園芸品種で、春に白い花を咲かし、夏には白い実を付けます。

幹枝が黄緑色をしているのが特徴で、冬には鮮やかな黄金色に色づきます。

幹枝が真っ赤に色づくサンゴミズキと同じく、生け花の花材として人気があります。

 原産地

日本に自生するシラタマミズキの園芸品種です。

   育て方

日当たりを好みますが、夏季の暑さが苦手なので夏越しは半日陰~明るい日陰のなるべく涼しい環境で管理します。

寒さには強く、寒さに当てた方が幹枝の色づきが鮮やかになります。

成長が早く、樹形を整える為の剪定は花後に行います。

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

 

記事・・・飛田亮

楚々とした魅力の原種シクラメン8選

冬に花咲く山野草の中でも人気があるシクラメン。

シクラメンといえば華やかでボリューミーな園芸品種の印象が強いですが、品種改良されていない「原種シクラメン」が山野草として流通しています。

園芸品種ほどの華やかさはないかもしれませんが、楚々とした奥ゆかしい美しさが魅力の原種シクラメンたちを紹介していきます。

バレアリカム

  • 花期・・・5~6月
  • 花色・・・白色
  • 原産地・・・スペイン~フランス南部

数ある原種シクラメンの中でも地味といわれる少し可愛そうな種です。

春~初夏頃に花弁の大きさ1cm程の白い小花を咲かせます。

葉はやや先の長いハート形で青白く、斑模様があります。

ヘデリフォリウム

  • 花期・・・9~11月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・フランス、イタリア、ギリシャ

ヘデリフォリウムとはつる植物のヘデラを意味し、葉の形がヘデラに似ています。

秋になると葉に先立って花茎を伸ばし、開花します。

乾燥に強く長生きなので、原種シクラメンの中でも人気があります。

プルプラスケンス

  • 花期・・・9~11月
  • 花色・・・ピンク色
  • 原産地・・・地中海沿岸

秋になると濃いピンク色の花を咲かせる原種シクラメンです。

花には芳香があります。

丸く厚みのある葉が特徴的です。

コウム

  • 花期・・・1~3月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・トルコ、イラン

日本でも育てやすいため、人気のある種の一つです。

冬の時期に開花し、白やピンク色の花を咲かせます。

葉は丸みを帯びた可愛らしいハート形で、シルバーリーフのものもあります。

ぺルシカム

  • 花期・・・3~5月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・ギリシャ、トルコ、イスラエル

園芸種の生みの親といわれる種です。

春に花を咲かせる春咲き種で、原種シクラメンの中では大きめに育ちます。

葉には独特の斑模様が入り、観賞価値があります。

シリシアム

  • 花期・・・10~12月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・トルコ

あまり日本では流通していない貴重な原種です。

冬咲き種で、白やピンクの花弁が薄い花を咲かせます。

花からはハチミツの様な甘い香りがするといわれています。

アルピナム

  • 花期・・・12~2月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・トルコ

冬~早春にかけて咲く種で、コウムを小振りにした様な草姿です。

花弁がプロペラの様にひねれているのが特徴です。

白花と赤花がありますが、日本では白花はあまり流通していません。

インタミナタム

  • 花期・・・9~11月
  • 花色・・・白色、ピンク色
  • 原産地・・・トルコ

秋咲き種で、1cmほどの小振りな花を咲かせます。

花弁には筋模様が入るのが特徴です。

葉の形は丸く、斑模様が入るものもあります。

 

以上、原種シクラメンたちを紹介してきました。

ぜひお気に入りのものを探してみてください。

記事・・・飛田亮

☆新着商品紹介☆鮮やかな紅色の幹枝を楽しめる「サンゴミズキ」など

今週の新着商品は、

・サンゴミズキ

・ヒメミズキ

・オウゴンミズキ

・タイワンアオネセッカカズラ

などの商品が入荷しております。

今回はこの中からサンゴミズキとタイワンアオネセッカカズラについて紹介していきます。

サンゴミズキについて

  • 学名・・・Cornus alba var. sibirica
  • 属名・・・ミズキ科ミズキ属
  • 花期・・・5~6月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・落葉低木

 特徴

ミズキの仲間の落葉低木です。

春になると白い小花がたくさん集まる花序をいくつも咲かせます。

冬の落葉期には幹枝が鮮やかな紅色に色づくのが特徴で、まるで海中のサンゴを彷彿させます。

シラタマミズキの変種とされ、他のミズキの仲間は高木になるものが多いですが、本種は低木なのでそれほど植え場所に困りません。

庭植えや寄せ植え、生け花の花材にもおすすめです。

 原産地

朝鮮半島~中国東北部、サハリン、シベリアに自生しています。

 育て方

日当たりを好みますが、夏季の暑さが苦手なので夏越しは半日陰~明るい日陰のなるべく涼しい環境で管理します。

寒さには強く、寒さに当てた方が幹枝の色づきが鮮やかになります。

成長が早く、樹形を整える為の剪定は花後に行います。

タイワンアオネセッカカズラについて

  • 学名・・・Polypodium formosanum
  • 属名・・・ウラボシ科エゾデンタ属
  • タイプ・・.・シダ植物

 特徴

観賞用に楽しめるシダ植物の仲間です。

着生のシダで、葉には細かい切れ込みが入ります。

地表を這う太い根茎は白みがかった緑色で、石のような質感に見えることが特徴です。

冬に葉を茂らせ、夏に地上部を枯らす冬緑性です。

 原産地

台湾、中国南部原産です。

日本でも屋久島以南の島々に生息しています。

   育て方

日当たりは直射日光を避けて管理します。

用土は水はけの良いものを好み、水のやり過ぎには注意してください。

植える際、根茎は土に埋めずに地表に出すように注意します。

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

 

記事・・・飛田亮