☆新着商品紹介☆楚々とした可愛らしい小花「山陰シロガネソウ」など

Pocket
LINEで送る

今週の新着商品は

・サンインシロカネソウ

・オウバイ

また、

・ダイリンフウロ

・ヤエバイカカラマツ

・アネモネ「ブルーシェード」

などの商品が再入荷しております。

今回はこの中からサンインシロカネソウとオウバイについて紹介していきます。

山陰シロカネソウについて

  • 学名・・・Dichocarpum ohwianum
  • 属名・・・キンポウゲ科シロカネソウ属
  • 花期・・・4~6月
  • 花色・・・黄色
  • タイプ・・.・多年生宿根草

 特徴

とても可愛らしい花を咲かすキンポウゲ科の山野草です。

春になると立ち上げた茎に淡い黄色をした小さな花を咲かせます。

花はうつむくように咲き、花弁のように見えるのはガクで、花弁は中の小さな黄色い部分です。

葉は掌のような形で、地面と平行に一か所につくのが特徴です。

草丈は5~18cm程度の小さな植物です。

鉢植えにおすすめです。

 

 原産地

本州の島根県~福井県の日本海側に自生しています。

渓流の近くや湿った岩壁などに好んで生息します。

 育て方

日当たりは日陰~半日陰を好みます。

特に夏季は直射日光を避け、風通しの良い日陰で管理します。

用土は水はけの良いものを好みます。

乾燥が苦手なので、水切れを起こさないようにするのがポイントです。

 

オウバイについて

  • 学名・・・Jasminum nudiflorum
  • 属名・・・モクセイ科ソケイ属
  • 花期・・・2~4月
  • 花色・・・黄色
  • タイプ・・.・つる性落葉低木

 特徴

漢字で「黄梅」と書く、モクセイ科のつる性落葉低木です。

早春から春にかけて黄色いウメに似た花を咲かせます。

樹高は1~2mに成長し、枝垂れるようにつるを伸ばして成長していきます。

中国では「迎春花」、英名では「ウィンタージャスミン」とも呼ばれています。

似た種にオウバイモドキがありますが、オウバイは落葉性でオウバイモドキは常緑性なのが違いです。

庭植えでフェンスやトレリス等に絡ませたり、小さく仕立てて盆栽として楽しむのもおすすめです。

 

 原産地

中国原産です。

 

   育て方

日照は日当たりが悪いと花つきが悪くなるので、日向で育てます。

成長が早く四方八方につるが伸びるので、花後すぐに剪定をします。

春に伸びた枝に翌年の花芽をつけるため、剪定が遅れると翌年の花つきが悪くなるので気を付けましょう。

用土は特に選ばず、水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

 

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

記事・・・飛田亮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA