☆商品紹介☆白い可憐な華を咲かせる山野草「ウメバチキンポウゲ」など

Pocket
LINEで送る

今週の新着商品はございませんので、今まで入荷した商品の中からピックアップして紹介していきます。

今回はウメバチキンポウゲとヒトツバショウマについて紹介していきます。

ウメバチキンポウゲについて

  • 学名・・・Ranunculus parnassiifolius
  • 属名・・・キンポウゲ科キンポウゲ属
  • 花期・・・4~5月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・多年生宿根草

 特徴

可憐な花を咲かせるキンポウゲの仲間です。

春になると伸ばした花茎の先に、白い杯形の花を咲かせます。

花の中心の黄色い葯が目立ち、白と黄色のコントラストが綺麗です。

この花が、家紋の梅鉢紋に似ていることから名付けられました。

草丈は10~15cm程度で、葉は肉厚で丸みを帯びています。

鉢植えやロックガーデンにおすすめです。

 原産地

ヨーロッパアルプス・ピレネー山脈に自生しています。

高山の岩場に好んで生息します。

 育て方

日当たりは日なたを好みますが、夏季の強い直射日光は避け、なるべく涼しい環境で夏越しさせます。

夏になると地上部が枯れ休眠期に入り、翌年春にまた新芽がでてきて綺麗な花を咲かせてくれます。

用土は火山レキや砂などを混ぜた水はけのいいものを好みます。

肥料は春先に化成肥料を置き肥してあげるといいです。

ヒトツバショウマについて

  • 学名・・・Astilbe simplicifolia
  • 属名・・・ユキノシタ科チダケサシ属
  • 花期・・・7~8月
  • 花色・・・白色
  • タイプ・・.・多年生宿根草

特徴

野趣あふれる雰囲気の山野草です。

夏になると花茎を伸ばし、星を散りばめたような白い小花をたくさん咲かせます。

他のチダケサシ属の仲間は複葉ですが、本種は一つ葉なのが名前の由来です。

草丈は10~20cm程度で、草姿はコンパクトにまとまります。

鉢植えや寄せ植え、ロックガーデンにおすすめです。

 原産地

日本原産です。

本州の関東地方に自生しています。

   育て方

日照は日なた~半日陰を好みます。

夏季はなるべく涼しい環境で遮光して育てるといいです。

用土は水はけの良いものを好みます。

水切れに中止し、表土が乾いたらたっぷりと与えましょう。

 

以上、本日入荷した商品の中から2点を紹介しました。

記事・・・飛田亮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA