【正月飾り】創作門松をつくってみた【日本文化】

皆さん、今年もいよいよあと一週間を残すのみとなりました。早いものですね。

そして本日はクリスマス・イブ。

去年ならクリスマスリースの記事を書いたし、ここはクリスマスに因んだ記事を書きたいところですが、そうはいきません。

なぜなら私はここ最近、門松づくりに没頭していたからです。

門松といっても普通の門松ではなく、創作門松です。

創作門松とは、基本の門松をベースに素材や形を自分なりにアレンジしてつくるオリジナルの門松で、庭師の腕の見せどころでもあります。

この一年で培った技術を、年の一番最後に門松という作品に集約し、年を跨いで新年を飾る。

これは庭師にとって一年を反省し振り返り、そして次の年へのチャレンジ精神を表明する意思表示ともいえます。

私は今回庭師になって2回目の正月を迎えるわけですが、今年からは創作門松づくりに挑戦してみようと思い立ちました。

果たしてどんな作品になるのか、私の処女作ができる過程を見て頂けたらと思い記事にしていきます。

 

テーマは「編む」と「かわいい」

f:id:GardenPorter:20161223114918j:plain

まず、なんとなく頭の中で思い浮かべている完成形を絵にしてみます。

庭師になってからの経験を頭の中で反芻し、私は一体何を学んできたのか・・・。

まずはやはり「竹」でしょう。GardenPorterの作品で竹の花かごを作ったし、最近では一人で光悦寺垣の制作を手がけました。

門松にとってのシンボルマークである3本竹にここは凝りたいところ。そして思い切って土台を竹の花かごにアレンジします。

図の3本竹に付いてる丸い物体は苔玉です。遊びで書いたので気にしないでください(笑)

そして門松にとって欠かせない若松。ただ若松を挿していくのもいいですが、私は生け花を習っているので生け花要素を取り入れることに。

・・・などなどいろいろ考慮して、技術的には竹をひご状にして「編む」ということと、全体的には日本人の類まれなる美意識である「かわいい」と思える門松を目指すことにしました。

ちなみにこの絵を妻に見せたところ、「キモイ」と一蹴されました(爆笑)

 

創作門松をつくる

さてさて、そんな妻に「かわいい」と言わせる門松をつくってみせる為、まずは土台の花かごから作っていきます。

https://www.instagram.com/p/_9gsaIxZwJ/

以前つくった四海波花籠は、言わば手のひらサイズです。

門松にするならこの5倍の大きさは欲しいところ。

そのためには長くて太い竹ひごを作らなくてはいけません。

そしてできるだけ肉をそぎ落とし薄く剥ぐ。籠にするには強く曲げる必要があるからです。

f:id:GardenPorter:20161223122719j:plain

本当にできるのか?という疑問を抱きつつも、長さ3m、幅3cmほどのひごを16本つくります。この作業が一番大変でした。

竹は円形のため、幅3cmもあるひごを作ろうと思うと中心の肉の厚みのせいで均一には薄くなりません。

そこで中心の肉だけをスプーン状の道具で抉り取る必要があり、小刀でコツコツそぎ落とした結果ひご1本につき1時間以上かかりました。

本当にできるかの保証もないのにひごをつくるだけで軽く16時間以上も費やし、これで失敗したら二度と立ち直れないかもしれません・・・。

f:id:GardenPorter:20161223124459j:plain

そしたら編んでいきます。16時間以上の孤独に耐えかねついに自宅に持ち込みました。

いくら薄く剥いだとはいえ厚みがあり、かなり固いため浴槽にしばらく付けてから編みました。

f:id:GardenPorter:20161223125244j:plain

これを・・・

f:id:GardenPorter:20161223125432j:plain

こうして・・・

f:id:GardenPorter:20161223125509j:plain

こうなって・・・

f:id:GardenPorter:20161223125554j:plain

完成!

縁のひごを結ぶ所でかなり力が必要なため、一人では難しく妻と綱引きのようにしてなんとか完成。

これでもひごの長さが若干足りず、なんとか無理矢理銅線で縛って形にしました。

f:id:GardenPorter:20161223131139j:plain

さて、お次は3本組竹の作成です。

細長い風船に、竹ひごを巻き付けていきます。

f:id:GardenPorter:20161223131801j:plain

風船を割れば完成!ですが思ったより細い・・・。

これをそのまま立てても貧弱に見える為、もう一工夫加えることに。

f:id:GardenPorter:20161223132121j:plain

三角コーンにタオルを巻いたものにひごを巻き付け・・・

f:id:GardenPorter:20161223132226j:plain

合体!

f:id:GardenPorter:20161223133328j:plain

私的には「かわいい」3本組竹ができあがりました!

妻に見せたところ「キモイ・・・。うさぎさん?」とのこと。

まだキモイか・・・。ん?でもまてよ。うさぎって可愛いってことじゃ?

なんとかなくかわいいに向かっているのではないかという手ごたえを感じてきました。

f:id:GardenPorter:20161223133143j:plain

さて、お次は若松です。

門松と言えばどうしても3本組竹が目立ちますが、その本来の姿は松。

ここは生け花の技術を駆使して若松を目立たせてあげたいところです。

生ける器の竹筒と、7本組の若松を用意しました。

f:id:GardenPorter:20161223134012j:plain

松を生ける為、竹筒に又木と言われる竹を入れ込みます。

私が習っているの流派は未生流。

三才格という決まった生け方で生けていきます。

f:id:GardenPorter:20161223134449j:plain

若松を寸法で切り、美しいラインを描くようにためていきます。

f:id:GardenPorter:20161223134905j:plain

「七」本の松。「五」羽の水引。「三」才格の格花。

七五三のおめでたい生け花の完成です。

これを番いでつくって飾ります。

片方は華道の先生と一緒につくったものなので、それに近づけるように生けました。

同じ寸法や曲線にためるのに苦労しました。

f:id:GardenPorter:20161223135841j:plain

花かごの中に設置するとこんな感じになりました。

f:id:GardenPorter:20161223135956j:plain

いよいよ大詰めです。

水をたっぷり吸わせたオアシスをセットし、

f:id:GardenPorter:20161223140257j:plain

三本組竹を真ん中に設置。

ひごの先をオアシスに差し込んで固定しました。

あとは足元を松であしらえば・・・

https://www.instagram.com/p/BOV3Y_ZleMO/

完成です!!

足元は松だけでシンプルにいっても良かったのですが、ついつい欲が出てナンテンを生けこんでみました。

良くも悪くも通った人が振り返るような、インパクトとオリジナリティ溢れる仕上がりになったと思います。

なんとか妻からは「キモかわいい」の称号を授かったので、これで良しとしましょう。

 

以上、創作門松の記事でした!

この作品づくりを通して、日本人独特の美意識「かわいい」についてかなり深く考えさせられたので、そのことはまた別の記事にまとめたいと思います。

また来年の終わりには納得のいく創作門松がつくれるよう、いろんなことに挑戦し、技術を身に付けていきたいです!

 

記事・・・飛田亮

 

クリスマスに向けて、ナチュラル素材でリースをつくってみよう!

どうも皆さん、もうすぐクリスマスがやって来ますね!

この時期はきっとご自宅をイルミネーションで飾ってみたり、屋根裏からクリスマスツリーを出してきたり、プレゼントやケーキの準備をしたりなどいろいろ忙しい方もいらっしゃると思います。

そうでないかたも、今年のクリスマスは例年よりもうひと工夫プラスして、おおいにクリスマス気分を楽しんでみてはどうですか?

そこでおすすめしたいのが、クリスマスリース作りです。

植物好きな皆さんなら、きっと身近にある素材で簡単に作ることができると思います。

今日は実際私が作った作品を一例に、作り方を簡単に紹介していきます。

①ツルをとってくる

f:id:GardenPorter:20151207153338j:plain

ナチュラルなクリスマスリースを作りたいので、近くの山に行って素材を探してきました。

こちらは「アケビ」のつるです。柔軟さと丈夫さを合わせ持つことから、リースにはアケビのつるが人気なのだそうです。

とはいえ小さく曲げるには結構固いので、20分程お湯につけてあげると柔らかくなります。

虫や汚れが気になる方は、このとき一緒に洗ってあげるといいです。

このアケビのつるの長さは2.5m程。直径30cmのリースを作るには充分な長さでした。

②丸くする

f:id:GardenPorter:20151207154551j:plain

まず自分の作りたい大きさの輪っかをつくり、2周目からはぐるぐる同じ方向に巻き付けていきます。

最後は適当に絡ませて完成です。

③好きな素材をあの手この手で付けていく

f:id:GardenPorter:20151207155005j:plain

自分の好きなクリスマスらしい素材を、リースに付けていきます。

先ず私が選んだのは「コニファー」です。王道ですね。

縄でグルグルと巻き付けていきます。

f:id:GardenPorter:20151207155513j:plain

本場のクリスマスツリー「モミノキ」の小枝もつけて土台はこんな感じになりました。

もちろん全部緑で覆ってもいいのですが、アケビのおもしろい枝ぶりを楽しみたいのであえて間をつくりました。

それにこの方がナチュラル感がでると思います。

f:id:GardenPorter:20151207160137j:plain

お次は定番の松ぼっくり。スプレーで色付けしてみました。

f:id:GardenPorter:20151207160404j:plain

最初ワイヤーで取り付けたのですが少し不安定だった為、グル―ガンを使いました。

ちなみに赤紫色の実は「カラスザンショウ」。山で偶然見つけました。

色も香りも素敵な素材です。

f:id:GardenPorter:20151207160818j:plain

シックな色合いと遊び心が同居する「大人のクリスマス」みたいな感じになりました。(笑)

ですがまだ完成ではありません。

これにクリスマスカラーには必要不可欠な赤色を入れればできあがりです。

いろいろ悩みましたが、今回は今見ごろの「ヒメリンゴ」を使ってみることにしました。

そうしてできあがったのがこちらです。

https://www.instagram.com/p/-_fUK2RZyC/

一気にクリスマスっぽさがでました!

作ってみた感想は、自分でリースを作ることによって、クリスマス気分が一層盛り上がるのは間違いなしです。

あとリースを作っているときも楽しいですが、素材を集めているときが童心に帰った感じがしてすごく楽しめました。

ぜひ皆さんもクリスマスリースを作ってみてください。

記事・・・飛田亮

 

お正月に向けて、寄植えを販売する予定です!

先週の手づくり市も無事に終わり、今GardenPorterは今後の動きを模索中です。

来月からはクリスマス、お正月・・・と大きなイベントが立て続けにあるので、その波になんとか乗っかりたいところです。

クリスマス・・・山野草とクリスマスを結びつけるものは、やはりクリスマスローズでしょうか。

でもそれじゃありきたりですし・・・西洋の文化と山野草を結びつけるのは少し難しい気がしますね。

やはりここは山野草の魅力を遺憾なく発揮できるであろう、日本の文化「お正月」に乗っかっていこうと思います!

お正月の寄植えといえば「松竹梅」ですね。

そしてナンテンを始めとする縁起ものも入れたいところです。

ナンテンは「難を転じる」という意味合いを持つことから、お正月の飾りによく使われています。

そこで今、いろいろと試作しつつ考えているのは、竹かごに小さくて可愛らしい松とナンテン、ヒメヤブコウジなどの実ものを寄植えしてみようかと思っております。

完成品(仮)の画像がこちらです。

https://instagram.com/p/-S5KsVxZ_-/

ヤマゴケで表面を覆っているので、苔玉のようにもみえますね。

竹かごは一本一本竹ひごを剥いで、ひとつひとつ丁寧につくってあります。

水ものと一緒にしてすぐ腐らないのか心配だと思いますが、水をよく弾くひごの皮の部分だけを使い、なおかつニス加工を施してあります。

来月の初めには注文開始予定なので、もし気になる方がいればHPをチェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

ハロウィン企画!ジャック・オー・ランタンの作り方!

さあ、いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました!

とは言うもののいまいちハロウィンがなんなのかいまだによく分かっていない私です。

ですが植物を使った行事と聞けばGardenPorterが黙っていません!

ということでカボチャを使ってハロウィンのシンボル「ジャック・オー・ランタン」をつくってみようと思います。

どうやら悪霊を退けてくれるようですよ。そりゃあいい!

※ナイフを使う作業がありますので、手の力が弱い方や、小学校中学年以下のお子さまの作業はご遠慮ください。それ以外の場合も親御さんがそばにつくなどして、一緒に作業することをおすすめします。

用意するものはこれだけ!

カボチャ、ナイフ、ペン、スプーン、小さいろうそくです。

以前、一緒に寄植えづくりをしてくれたTさんも手伝ってくれるというので、カボチャは2つ用意しました。

f:id:GardenPorter:20151022143412j:plain

まずはナイフでカボチャのお尻をまるーく切り抜きます。

皮は固く、ナイフを丸く滑らすのは難しいので、サクサク差し込む感じで切っていくといいです。

f:id:GardenPorter:20151022155950j:plain

次はスプーンで中の果肉をえぐり出します。

結構ガリガリ削っちゃって大丈夫です。貫通してしまうのが心配なら、ライトに透かすなど確認しながらやるといいです。

果肉が残っているほど腐りやすくなるので、なるべく薄くしましょう。

f:id:GardenPorter:20151022160246j:plain

そうしたらいよいよペンで顔を書いて、カッターでくり抜きます。

ここが一番楽しくも難しいところですね。

回りを切らないように慎重に・・・。さすがに細かいところは小さなナイフを使いました。

f:id:GardenPorter:20151022161021j:plain

うまくくり抜けたら・・・完成です!

f:id:GardenPorter:20151022162104j:plain

じゃ〜ん!左が私で、右がTさんです。

2人の性格をうまく表しているといえますね。多くは口にしません。

それでは早速部屋の明かりを消して、ろうそくの上に被せて見ようと思います!

3…..

2….

1…

f:id:GardenPorter:20151022163141j:plain

ギャーッ!!燃えましたー!!いや、本当に。

かぼちゃがろうそくに対し小さすぎたため、上の部分がこげてすごく美味しそうな匂いがしてきました。

しかも完全に被せるとカボチャ内の酸素が無くなって一瞬でろうそくが消えます。

なのでちょっと浮かせて持っていないとダメです。

皆さんもカボチャを光らせたい場合は、もう少し大きなカボチャにするかLEDライトなどを使いましょう!くれぐれも火事には気をつけてください!

それでは、よいハロウィンを!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

ガーデニング超初心者にワンポイントアドバイス 〜暑くても枯れる心配ご無用幼児・低学年と一緒にガーデニング〜

 酷暑の中、お盆に突入です。夏休みの機会にガーデニングをお子さんと、お孫さんと一緒に体験してみませんか? いつものパターンのお子様やお孫さんがお手伝い役ではなく主体でガーデニングをするのです。自分が手をかけて植えたお花は、なにより可愛く思えるものです。そしてそのお花が育っていくという夏休み体験をご家族で共有しましょうという提案です。

f:id:GardenPorter:20150812190727j:plain

★ポーチュラカ

 (和名:ハナスベリヒユ)

・草丈・・・地表を這う。

・花期・・・5月〜10月

 花の色がいろいろバリエーションに富んでいます。

 

 

f:id:GardenPorter:20150812201348j:plain

★メランポジューム

 ・草丈・・・30㎝〜40㎝

 ・花期・・・5月半ば〜9月

 

体験の共有で生まれるもの。

  • お花植えの成功体験をすることによって、お子さんお孫さんの気持ちが嬉しくなるとともにアイデンティが高まる。
  • ガーデニング作業に積極的に関わろうとする。→水やりや草引きを率先して、また喜んでするようになる。
  • お家の方やおばあちゃん、おじいちゃんと共通の話題が生まれる。

 

お花植えを成功に導くには・・・

  • 植えたお花が、暑さでヘニャヘニャっと萎(しお)れたり、枯れてしまっては、逆効果を生んでしまいますから、暑さにも耐える丈夫なお花を選びましょう。初めての体験でいい結果が得られないことは悲しいことですからね。

 

では、何植えればいいの?

  • 一番のオススメは、ポーチュラカというお花です。
  1. 酷暑にも耐え、さらに乾燥にも強いです。そして、ちょうど今がお花の咲いている時期です。
  2. 花の色のバリエーションも赤色、濃いピンク、淡いピンク、白、黄色、白ベースで赤い筋の模様が入る花びらのものといろいろありますので、お子さんも大人の方も好きな色を選んで楽しむことができます。
  3. 葉っぱは、多肉種のように分厚いです。だから、乾燥にも強いのですね。
  4. 茎は這うように伸びます。

 

  • 他には、メランポジュームがオススメです。
  1. 暑さに強い品種ですがポーチュラカには勝てません。水やりは欠かすことができません。水を切らさないように心がけましょう。
  2. 花の色は黄色一色のみです。
  3. 草丈が20㎝〜40㎝とポーチュラカに比べて高さのボリュームはあります。

 

素晴らしい体験ができることを心よりお祈りいたします。

さあ、子どもと一緒に、孫子と一緒に庭いじりだ〜っ!

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。

夏休み企画! 第3弾 花炭づくりに挑戦

夏休み企画! 植物の炭をつくろう。 すばらしい夏休みの宿題ができちゃう。

 

f:id:GardenPorter:20150730184817j:plain

 ★松ぼっくりの炭(花炭)

  少々形が美しくないですが自作しました。

 

 私は、数年前の近江花緑(かりょく)公園というところで開催されていた家族参加型体験学習で炭焼きの体験をしました。その時の炭焼きは本格的な炭焼き釜で丸一日から二日間ほど窯に火をおこし続けて炭を焼く(つくる)という一個人で楽しみでまた焼こうなんて考えはまるっきり浮かんでこないイメージでした。でもその炭焼き体験で面白いものを見せてもらいました。それは、松ぼっくりをそのまんまの形で炭にしたものです。みごとにあの茶色い色の傘が開いた松ぼっくりがただただマットな感じの真黒な炭に変身してるではありませんか。

 とっても美しく、綺麗で、おしゃれな感じです。タンスの上の置物におススメ。また、炭なので消臭効果もあります。綺麗で、しゃれてて、消臭もする・・・すぐれものです。これを花炭と言います。

 

 今日は、この花炭を簡単につくる(焼く?)方法を、ご紹介します。

 お庭や、野山で採取した植物、木の実(どんぐり)などで花炭づくりをしよう。

 

用意するもの

  • 蓋のできるカンカン(缶)

   せんべいやおかきの缶・海苔の缶 などでよい。f:id:GardenPorter:20150730185108j:plain

  • 釘(長さ5㎝前後)1本
  • 金槌(かなづち)
  • 針がね(3mもあれば充分 缶の大きさにもよります)
  • 薪にする木や古新聞)
  • レンガ(なくてもよい)

 

作り方(焼き方)

  1. 缶の蓋(ふた)に釘と金槌で1〜2箇所穴をあける。

    f:id:GardenPorter:20150730185215j:plain

  2. 缶の中に炭にしたいものを入れる。(松ぼっくり、葉っぱ、竹、などなど こんなものも炭になるかな?というものもぜひチャレンジしてみよう。)

    f:id:GardenPorter:20150730185339j:plainf:id:GardenPorter:20150730185432j:plain

  3. 缶の蓋をして、針金で十字に蓋がはずれないように縛る。

     

  4. 薪に火をつけて、その上の缶を置く。缶が大きい場合はレンガをコの字に3方に置いて、五徳(ごとく)のようにする。その上に鍋を火にかけるようにレンガの上に置く。薪は缶の真下にくべる。この時の火の強さは、缶が炎に包まれる程度。(結構強い火です)f:id:GardenPorter:20150730185545j:plain
  5. ④の状態で、20分から40分火を焚(た)き続ける。この時、①で穴をあけたところから、煙が出てくる。穴から煙が出なくなったら火を消すか、缶をそおっと火からはずす。乱暴にすると中の花炭が壊(こわ)れてしまうので注意してください。

    f:id:GardenPorter:20150730185656j:plain

  6. 缶が自然に冷めるのを待つ。

    f:id:GardenPorter:20150730185755j:plain

  7. 冷めたら、蓋(ふた)をあけて、壊(こわ)れないよいにそおっと取り出す。

    f:id:GardenPorter:20150730185838j:plain

 

ハイッ かんせ〜

 

じょうずにできたかな?

 

※火を取り扱うので必ずおうちの人(お父さんやお母さん)に手伝ってもらってやりましょう。火の後始末には十分気をつけてください。

 火をつけている間はその場から離れないでください。

 消火用の水バケツの用意を忘れずにしてください。

 缶は熱くなっていますので、冷めたかどうかは慎重に確認しましょう。

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。

夏休み企画! 第1弾  アサガオ(朝顔)で自由研究

アサガオ(朝顔)で、夏休みの自由研究にチャレンジ!

 

f:id:GardenPorter:20150722175735j:plain

★ピンクの色が鮮やかなアサガオの花

  夏の風物詩ですね

 

アサガオの色水をちがう色にかえてみよう!

 用意するもの

  1. 透明の入れ物(ペットボトルの上の方を切り取ったものでよい)
  2. お水
  3. アサガオの花(咲き終わってシワシワのでもよい)
  4. レモン汁(ポッカレモンでもよい) または、お酢
  5. 重曹(じゅうそう)

 

①透明の入れ物にお水を入れます(なみなみと入れない)

②①の中にアサガオの花びらを入れます。

③水の中で指でアサガオの花びらをもんで色水を作ります。

④色水ができたら、花びらを入れ物から出しましょう。

⑤できた色水の中に、レモン汁またはお酢を少しづつ入れましょう。

 なんと、色水がシュワシュワと泡を出して どんどん色がかわっていきます!

 

⑥色水が鮮やかなピンク色にかわったら、今度は重槽を少しづつ入れましょう。

⑦またまた、色水がシュワシュワと泡を出して どんどん色がかわっていきます!

 青みがかった色にかわっていきます。

 

⑧重曹(じゅうそう)を少しづつ入れ続けると、青色が濃くなっていきます。

 入れ続けると、次第に泡も出なくなり、色の変化もとまります。

 

⑨次に、再びレモン汁 またはお酢を入れると泡を出し始めピンクっぽく色水の色がが変わっていきます。

 

不思議ですね〜

 

 この様子を、デジカメやスマホで撮影しましょう。そして、印刷して模造紙やノートにのりで張りつけ自分なりのことばで説明文を書きましょう。

 

ハイ、夏休みの自由研究できあがり〜

 

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。