苔論~日本人がコケ好きな理由を本気で考えてみた~

突然ですが皆さん、「苔」好きですか?

心洗われるほど色鮮やかな見た目、しっとりふかふかの優しい感触、踏まれても地べたに繁茂する健気さ、そして飽きのこない個性豊かなバリエーション。

苔の魅力を語りだせばそれはもう無尽蔵に出てくることは皆さんも周知の事実。

道端に雑草同様生活する身近な存在でありながら日本庭園に取り入れられ、国歌には「苔のむすまで~」と歌われるもはや日本人の心ともいえる苔。

その人気ぶりは京都屈指の人気観光スポット「苔寺(西芳寺)」を見れば一目瞭然。

3,000円という高額な拝観料と事前予約制の厳しい条件にも関わらず、苔の美しさを求め連日たくさんの人が訪れています。

もちろん苔の人気は日本だけでは留まらず、毎年イギリスで開催される世界最大のガーデンショー「チェルシー・フラワーショー」では、苔を多用する日本人庭園デザイナーが金賞を何度も受賞。

その作風から「Moss Man(苔男)」という異名がつけられるほどです。

そんな海外からも絶大な人気を誇る苔ですが、その魅力にはもっと本能的ななにかがあると私は感じて止まないのです。

そこで今回は、苔のもつ内面的な魅力を浮き彫りにしていこうと思います。

 

全生物の祖先は苔?

苔の魅力を解き明かす心当たりは大きく2つ。

まず1つ目は単なる私の思いつきで、特に「日本人」に焦点を当てた内容ではないのでお手柔らかに。

動物界も植物界も、数え切れない程の種の生物が暮らしている地球。

ダーウィンの進化論によれば、地球上の全生物はそれぞれの環境に適して独自の進化を遂げ、その原点には共通の祖先があったと言われています。

では、果たしてその共通の祖先とはなにか。

それは30億年前の海中に生まれた細菌やアメーバ、そして光合成をする藻類だとされています。

そしてその藻類が進化し、地球上初の陸上生物として苔が生まれました。

そう考えると、私たちの祖先は苔だとも言えるわけですね!

母なる苔。父なる苔です。

色々とややこしいしがらみの多い人間社会の中で、ふと苔を目にしたときに「自然に回帰したい」という生物としての潜在的な欲求が湧き上がるのではないかと思います。

そして苔を触ったときのあの感じ。

しっとり湿って艶やかで、なんだかエロティシズムを感じませんか?

動物やら植物やらの垣根を超えた、生物としての本能に訴えかける母性的な魅力を孕んでいるのだと思います。

ちなみに誰がつけたかは知りませんが、苔の花言葉は「母性愛」だそうです。

日本人の美意識「侘び寂び」を体現する存在

2つ目は「日本人」に焦点を当てた内容なので、日本人がなぜ苔好きなのか納得いくと思います。

日本人は本来、「間(ま)」を好み、大事にする民族でした。

「間」とは言葉で説明しづらいものなのですが、実体がないゆえに空間でも時間でも人間関係でも、どんな形や次元でも現れることができます。

例えば2次元では山水画の余白に、3次元では枯山水の白砂に、時の流れが関わる4次元では能狂言や日本舞踊のストップ&モーションに。

日本の伝統芸能はそもそも「間」がないと成立しないんですね。

間取り、間合い、間抜け、間引く、昼間、合間、手間、隙間、空間、時間、人間。

意識してみると今使われている言葉にも、「間」という字はたくさん出てきますね。

明治の文明開花や第2次世界大戦を経て、喪服の色が白から黒に様変わりしたように世界がガラッと変わってしまった日本ですが、まだ「間」の名残を随所に垣間見ることができます。

それはホラー映画、アイドルや廃墟ブーム、「空気読め」や「かわいい」という言葉などですが苔の話から逸れてしまうのでここでは割愛することに。

 

さて、日本の美意識のひとつに「わびさび」があります。

これも感覚的なもので定義が難しいのですが、先ほどちょっと出た「4次元の間」と言い換えることができます。

侘び寂びとは時の流れを感じる「間」なのです。

例えば何年振りかに実家に帰省し、小さな子どもの頃よく遊んでいた埃かぶったおもちゃを手に取ったときのあの感じ。あれも侘び寂びといえるでしょう。

郷愁の念や英語のノスタルジーの感覚に近いですが、より時の流れを感じさせる要素が強いと侘び寂び感も高まります。

そしてそれを感じさせてくれるのが、古来より身近な存在の苔だったのです。

長い歳月をかけて繁茂し成長していく苔。それはもはや可視化された時の結晶といえるでしょう。

なので庭に取り入れると悠久の時が感じられ、歴史感や重み、そしてかわいさ移ろう歳月の儚さを覚えるのです。

日本人が苔好きな理由は「間」の文化がまだ息づいているからだと私は思っています。

苔の小話

この記事を書くにあたっておもしろい話を見つけたので紹介します。

 

コケは岩や地表が長く放置されたときに生え、耕すなどの攪乱(かくらん)が行われていると育たない、との認識がある。例えば「苔むす」という言葉はその状態が長く続いてきたことを示す。これは善悪両面の取り方があり、「転石苔むさず」は、「腰を落ち着けて長く一つのことを続けないと成果は上がらない」の意味に取るのが普通であるが、ときに「活動を続けている人は古びない」という意味に使われる。英語ではA Rolling Stone gathers No Mossで、イギリスでは前者の意味で使うが、アメリカでは後者の意味に使う。-wikipediaより引用

 

同じ苔でも、日本やイギリスでは良いものとして、アメリカでは悪いものとして認識されているのがおもしろいですね。

もちろんアメリカにも苔好きな人々がいるので一概には言えませんが、苔を愛でることは日本文化の継承といっても過言でないかもしれませんね。

逆にもし日本で誰も苔を愛でなくなったとき、それは日本文化の終焉を意味しているのかもしれません・・・。

 

以上、日本人が苔好きな理由について解き明かしてみました。

苔を愛でることは日本人としての大事なアイデンティティだと思うので、苔マニアの皆さんは自信をもって愛で続けてください!

記事・・・飛田亮

小さな世界の大きな魅力。世界のおもしろい姿かたちの苔9選

今回も苔についての記事です。

前回は良く庭園などで目にする身近で人気な苔たちを紹介してきました。

ですので今回はちょっとマイナーな、姿かたちの面白い苔を紹介していきます。

まさか私たちの足元にこんな世界が広がっているなんて、いつ考えても驚きですね。

ぜひとも皆さんも虫眼鏡片手に、街中を散策してみてはいかがでしょうか。

タマゴケ

f:id:GardenPorter:20170203162842j:plain

  • 学名・・・Bartramia pomiformis
  • 属名・・・ハイゴケ科ハイゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、テラリウム

スギゴケを小さくしたような形の繊細な苔で、庭園にも利用されます。

サクと呼ばれる淡い黄緑色の丸い胞子嚢を付けるのが特徴で、名前の由来にもなっています。

一斉に球状のサクを伸ばした姿はとても可愛らしいです。

エビゴケ

f:id:GardenPorter:20170203162955j:plain

  • 学名・・・Bryoxiphium norvegicum subsp. japonicum
  • 属名・・・エビゴケ科エビゴケ属
  • 用途・・.・テラリウム

山地の岩場などに自生するちょっとレアな苔です。

世界には一属二種が確認され、そのうちの一種が日本にも自生しています。

名前の通り、エビの甲殻のような形が特徴です。

フロウソウ

f:id:GardenPorter:20170203163128j:plain

  • 学名・・・Climacium dendroides
  • 属名・・・コウヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属
  • 用途・・.・庭園材、テラリウム

漢字で不老草。

ヤシの木を小さくしたような形の、面白い苔の仲間です。

地下茎で増え、株立ち上の立ち上がった形をしています。

北海道にたくさん生育しているようです。

ヘチマゴケ

f:id:GardenPorter:20170203163238j:plain

  • 学名・・・Pohlia nutans
  • 属名・・・ハリガネゴケ科ヘチマゴケ属
  • 用途・・.・テラリウム

胞子を入れるサクの形がヘチマに似ているので、ヘチマゴケという名前が付けられました。

乾燥地または湿った土壌のどちらでも生育でき、沼地や砂上などさまざまなところに生育しています。

ムラサキミズゴケ

f:id:GardenPorter:20170203163603j:plain

  • 学名・・・Sphagnum magellanicum
  • 属名・・・ミズゴケ科ミズゴケ属
  • 用途・・・テラリウム

世界の温帯に生育する大型のミズゴケで名前の通り、赤紫色を帯びることが多いようです。

ただし個体差があるため色だけで見分けるのは難しいとのこと。

栄養分の多い場所では、元の赤紫色から濃い緑色に赤が加わったような色に変化します。

シモフリゴケ

f:id:GardenPorter:20170203163656j:plain

  • 学名・・・Racomitrium lanuginosum
  • 属名・・・ギボウシゴケ科シモフリゴケ属
  • 用途・・.・テラリウム

スナゴケの仲間で、葉の先端に透明尖という白色の部位があり、霜降り状に見えることからシモフリゴケという名前が付けられました。

2002年の調査では、シモフリゴケの姿が確認されましたがその後数度の調査でも見つからなかったため、絶滅種へと改訂されました。

ジンガサゴケ

f:id:GardenPorter:20170203163823j:plain

  • 学名・・・Reboulia hemisphaerica
  • 属名・・・ジンガサゴケ科ジンガサゴケ属
  • 用途・・.・テラリウム

雌器托(しきたく)と呼ばれる卵をつくる器官が特徴的な苔です。

雌器托の柄は3〜5cmあり、頭部は星形をしています。

この形が陣笠に似ていることからジンガサゴケという名前が付けられたようです。

クジャクゴケ

f:id:GardenPorter:20170203163958j:plain

  • 学名・・・Hypopterygium fauriei
  • 属名・・・クジャクゴケ科クジャクゴケ属
  • 用途・・・テラリウム

湿った岩上に見られ、葉の長さは2㎝程度です。

葉のかたちがまるでクジャクの羽のようにうちわ状に繁茂することから、この名前になりました。

とても美しく、観賞価値のある苔の一つです。

イボカタウロコゴケ

f:id:GardenPorter:20170203164121j:plain

  • 学名・・・Mylia verrucosa
  • 属名・・・ツボミゴケ科カタウロコゴケ属
  • 用途・・・テラリウム

まるでウロコのようなおもしろい形の苔です。

規則的に折り重なった葉が特徴的です。

先端にできる花被にはイボ状の突起物が表れます。

以上、面白い形をした苔たちを紹介してみました。

皆さんも注意深く観察して、お気に入りの苔を見つけてみてくださいね。

記事・・・飛田亮

庭園によく使われる人気の苔8選

最近あまり苔についての記事を書いていなかったので、しばらくは苔記事を多く書くかもしれません。

今回はまず手始めに、お庭によく使われる苔の種類を紹介してみました。

きっと見たことのある苔ばかりだとは思いますが、参考にしてみてください。

ハイゴケ

f:id:GardenPorter:20170130112951j:plain

  • 学名・・・Hypnum plumaeforme Wilson
  • 属名・・・ハイゴケ科ハイゴケ属
  • 用途・・.・苔玉、庭園材、テラリウム

這う様に成長する苔で、苔玉としてよく使われています。

日本各地に自生しているため入手が容易で、庭園のグラウンドカバーとしても人気の苔です。

乾燥してもボリュームがある為扱いやすく、展示用のテラリウムなどにも使われます。

アラハシラガゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113139j:plain

  • 学名・・・Leucobryum bowringii Mitt.
  • 属名・・・シラガゴケ科シラガゴケ属
  • 用途・・.・苔玉、庭園材、盆栽、テラリウム

ホソバオキナゴケと共に「ヤマゴケ」という名で流通している苔です。

盆栽用の苔としてホソバオキナゴケが今まで主流でしたが、減少に伴い今ではアラハシラガゴケが使われるようになりました。

半球状の塊で群生する姿が可愛らしいです。

ホソバオキナゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113307j:plain

  • 学名・・・Leucobryum neilgherrense
  • 属名・・・シラガゴケ科シラガゴケ属
  • 用途・・.・苔玉、庭園材、盆栽、テラリウム

葉先の長さがまばらなアラハシラガゴケに対し、ホソバオキナゴケは葉先が短く揃い、まとまった印象があります。

乾燥すると葉先が白く、湿っていると濃緑色に葉が変色するのが特徴です。

半球状に成長することからマンジュウゴケとも呼ばれることがあります。

スギゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113550j:plain

  • 学名・・・Polytrichum juniperinum
  • 属名・・・スギゴケ科スギゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、テラリウム

スギに似た大型の苔で、大きいものだと20cm程に成長します。

庭園によく使われていますが、乾燥に弱いため管理が難しいです。

ウマスギゴケとオオスギゴケが、スギゴケという名で流通しています。

ギンゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113614j:plain

  • 学名・・・Bryum argenteum Hedw
  • 属名・・・ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、盆栽、テラリウム

乾燥に強く、都会のアスファルトやブロック塀にも普通に自生する丈夫な苔です。

葉先が白味がかり、日光を反射すると銀色に見えることが名前の由来です。

世界中どこにでも生え、南極にも確認されているというので驚きです。

カモジゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113728j:plain

  • 学名・・・Dicranum scoparium Heads
  • 属名・・・シッポゴケ科シッポゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、盆栽、テラリウム

近年までシッポゴケとして扱われてきた苔です。

育てやすく、動物の尻尾のようにふさふさとした感じが特徴的です。

今はシッポゴケとは別の種として扱われています。

スナゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113905j:plain

  • 学名・・・Racomitrium japonicum
  • 属名・・・ギボウシゴケ科シモフリゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、盆栽、テラリウム

黄緑色の明るい緑を楽しめる苔です。

苔の中では珍しく日当たりを好む性質があります。

よく見ると星のような形をしていて、日光を浴びて輝いてる様はキラキラしていて美しいです。

ミズゴケ

f:id:GardenPorter:20170130113947j:plain

  • 学名・・・Sphagnum
  • 属名・・・ミズゴケ科ミズゴケ属
  • 用途・・.・庭園材、テラリウム

そのまま植栽するというよりかは、園芸用土、保水材としてお目にかかることが多い苔です。

細胞内に多量の水分を蓄えることが出来るので、乾燥させてプレスしたものがよく売られています。

水の滴る岩上などに自生し、テラリウムなどに使うとよく映えます。

以上、庭でよく見かける苔たちを紹介してきました。

わりと身近に存在する苔たちなので、きっと覚えやすいと思います。

次回はちょっと変わった姿の苔を中心に紹介していこうと思っています。

記事・・・飛田亮

日本の文化苔を育ててみよう  〜苔の育て方編〜

今日は、苔シリーズの第3弾、「育て方」についてお話します。

 

f:id:GardenPorter:20150821151230j:plain

★ハイゴケ と 山苔 を組み合わせて張った苔庭(2014年京都にて作庭) 

 

 

f:id:GardenPorter:20150821151255j:plain

★室内から苔庭を眺めたところ。 雪見障子によって一枚の絵画の様になる。

 

管理のしかた

水分について

  • 苔の水はけがよく、かつ保水性を兼ね備えた下地をつくることが重要です。赤玉土に堆肥を混ぜるといいようです。苔の品種によっても性質に合わせて下地の具合をいろいろと調整しましょう。

 

  • 水をジャバジャバやらないで湿らす程度にシャワーヘッドノズルかジョウロで水やりしましょう。苔がひっくりかえって裏向いたり、ずれたりしてしまいます。

 

  • 苔には、夜露が不可欠です。毎夜のようにおりてくる夜露は苔にほどよい水分を与え、それを吸収して生息しています。夜露は垂直にまっすぐ降りてきますので、夜露をさえぎる軒などがあると軒下の苔は育ちません。鉢植えの場合は苔の表面が乾いたら霧吹きやジョウロで湿らせるようにしましょう。日課にしてしまうのがいいかもしれません。

 

日光について

  • 陽のあたり加減も、苔の品種によって様々です。日向を好む苔、半日向、半日陰、日陰を好む苔、たいへん環境に敏感です。ナイーブと言うかわがままと言うか、ですから、この苔が好きだからお庭に張りたいと思ってもなかなかうまくいかず、お庭の環境に合った苔を選ぶという考えで張ることで苔のお庭を実現することができるようです。

 

密集したら透く(播き苔にする)

  • スギゴケなどの穂があるタイプの苔は、穂の長さが長くなり、数が多くなってつまってきたら(密度が増してきたら)蒸れるのを防ぐために、目の細かなミニ熊手等で、苔をかきならして穂を透くようにしましょう。弱い穂がぽろぽろと取れてきますので、かき集めた穂先は、「播き苔」という手法で苔の生えていない所に均一に撒いて目土を掛け、数ヶ月間水を切らさないように水やりをします。その際、苔の穂をずらさないようにやさしく水やりをしましょう。風で穂が動くことも避けなければなりません。そのために目土を掛けます。キッチンペーパーを湿らせて被せておくのも穂を動かさないテクニックの一つです。そうしたきめ細かいケアをすることで新たな苔を育てることもできす。           
  • 上級者向けでなかなか簡単ではありません。コツは、路地に直接繁殖させようとせずにパレット(幅40㎝×長さ60㎝×高さ6㎝ の 格子網目状の樹脂製のもの)で育成し、マット状に芽が詰まってきてからお庭に移植するというステップを踏むといいでしょう。

 

伸びたらカットする(播き苔にする)

  • スギゴケなどの穂があるタイプの苔で、穂の長さが長くなってきたら、生垣を刈り込む刈込みばさみ等でカットしましょう。これも、蒸れから守るためです。蒸せると苔が茶色く変色してしまい、枯れてしまいます。カットする時期は、3月末の春先におこないます。ここで、カットした苔の穂も先ほどの「播き苔」として活用できます。

 

掃 除

  • お庭には苔だけがあるのではなく下草や灌木、中木や高木が植えられていますので必ずそれらの落ち葉が苔の上に落ちてきます。この落ち葉は、苔にとって日陰となり光合成を妨げ、また蒸れる原因となります。環境の大きな変化をもたらし苔にはいいことなしです。落葉掃除と草引きを頻繁に行いましょう。落ち葉は秋だけに限らず年中ぱらぱらと落ちてくるものです。日々の落葉掃除こそ美しい苔の維持には欠かせないメンテナンス作業です。

 

肥 料

  • 苔には肥料はあげなくていいです。あげるとかえって枯れることがあります。水分の中に含まれているミネラルと光合成によってつくられる栄養素で充分生きていけるようです。

 

 

 

 苔って、環境にすごく敏感だけれども超省エネですね。夜露と適度(適した)光この二つがあれば生きていける、土もいらない。それでいて人を魅了する美しさ満タン。

 

 関連記事→ 日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜 種類編 〜

       日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜苔の特徴編〜

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。

日本の文化苔を育ててみよう 〜苔の特徴編〜

 昨日のブログでは、日本の文化である苔の種類についてお話ししました。今日は、苔の特徴についてお話します。

 

f:id:GardenPorter:20150820121906j:plain

★スギゴケ(杉苔) 最もポピュラーだが育成には最も気を使う。 

 穂の長さは4㎝くらい

 

 

f:id:GardenPorter:20150820121942j:plain

★スナゴケ(砂苔)水分を含んだスナゴケはたいへん美しい。

 

苔の特徴・性質

 苔は、特殊な植物で基本的には土を必要としません。ですから石燈籠や石階段、街中の石垣やコンクリート側溝の縁、アスファルトの隅っこ等に生息しているのを見受けられます。「君が代」の歌詞の中にもあるとおりです。岩に苔むす・・・なるほどですね。

 

 苔は養分を吸収するために土を必要としませんが、根っことして「仮根」というものを持ち、自分のからだを固定するために用います。根っこの代わりに水分をからだ全体で吸収し光合成もします。

 

 ただ品種によって性質にかなり差があり、湿気を好む苔、乾燥を好む苔、日陰を好む苔、日光を好む苔と様々なので、育成して愛(め)でる場合は、苔の種類ごとの性質をよく理解したうえで適した環境づくりをしてあげるか、苔を張りたいところの環境に適した苔選をチョイスすることが決め手になります。

 また、水やり等の管理のしかたも苔の正確をよく知った上で適したやり方をしないと苔を美しく維持し続けること難しいと思います。その点自然界で自生している苔たちは、無理に生息しているのではなく、品種に応じて最適な所に生息しているので、どういう所にどういう苔が生息しているのかをよく観察し思考するとうまく苔をとり入れることができるのでしょう。苔はものを言いませんからね。

 

 多くの種類の苔は、湿った環境を好みます。ですから、霧の発生しやすい山間地にびっしり苔が生息していることがあります。逆に乾燥に耐える種類の苔もあります。種類の数は世界中で2万種類とも言われています。

 

 苔は、雄株と雌株とが別々にある種類と精子を作る機能と卵子を作る機能を一つの株に持ち合わせている種類の苔があります。雨などで、精子が流れて泳いで卵子にたどりつき、胞子ができ、地に落ちて新しい芽が出て子孫を増やします。苔は花が咲きません。

 

 苔の成り立ちは、通常の植物と違い、根っこ、茎(幹)、枝、葉っぱ、花 という形態を持たず、仮根(かこん)、茎、葉っぱ の3つです。また、茎と葉っぱの区別がないものもあります。

 この仮根(かこん)は、養分や水分を吸わないので正味葉っぱだけの植物です。なんと不思議なまた、特徴的な植物なのでしょう。

 

 苔の美しさを愛(め)でるために、植木鉢に苔だけを張って室内に飾るというのもあります。

めちゃめちゃ鉢に顔を寄せて観賞いてしまいそうですね。

 

関連記事→ 日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜 種類編 〜

      日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜苔の育て方編〜

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。

日本の文化 「苔」 を育ててみよう 〜 種類編 〜

 お庭→日本庭園→苔というイメージがわき出てきます。コケってしっとりした感じを与えてくれて、愛でていると心がスーッとなんとも言えない落ち着き感に陥ります。林や森、渓流が流れる山道を散策するときの気持ちに似通ったものを覚えます。

 この日本の文化である苔についてお話します。

 

f:id:GardenPorter:20150819154501j:plain

★ハイゴケ 

 

 

f:id:GardenPorter:20150819154540j:plain

★ヤマゴケ(山苔)

 

 西洋にも自然界に苔はありますが、お庭のアイテムとしは活用しないようです。環境の違いや文化の違いが影響していると思われます。

 逆に日本では、元来なじみが深く、日本庭園、茶庭、盆栽、によく使われています。最近では苔玉がありますよね。「君が代」の歌詞の中にも登場します。また、石灯籠や手水鉢、石畳み、石階段などに自然に苔がつくとたいへん情緒があり、風情あるものと称賛されます。ついた苔をきれいに掃除して取ってしまおうもんなら怒られる始末です。風情よく人工的に苔をつけようと思ってもできないことですからね。そこには年月が必要で、また年月を感じさせてくれるのですね。

 

苔の種類

  1. スギゴケ(杉苔)

   学名:Polytrichum juniperinum

   苔の中では一番有名ですが、維持して長く育てるのは非常に難しくデリケートです。

 

  1. ヤマゴケ(山苔) 

   別名:ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)学名:Leucobryum juniperoideum

      アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)学名:Leucobryum bowringii Mitt.

 

   乾燥気味を好む。ホソバオキナゴケもアラハシラガゴケもシラガコケ科です。

   乾燥すると白髪のように白くなる。(名前の由来)

   過湿の状態だと濃い緑色に変化します。

 

  1. スナゴケ(砂苔)

   学名:Racomitrium japonicum

   乾燥を好み、蒸れに弱い。下地は砂質土が良く、水はけを良くするということ。

 

  1. ハイゴケ(這い苔)

   学名:Hypnum plumaeforme wils.

   乾燥に強い。比較的張りやすい苔。陽が当たるところから日陰まで適応しますが、長時間直射日光を浴びると黄色く黄変し、見栄えが良くない。

 

  1. カモジゴケ(髢文字苔)

   学名:Dicranum scoparium Hedw.

   日向と乾燥を嫌う、成長すると高さが10㎝ほどにもなる。

 

  1. ハネヒツジゴケ(羽根羊苔)

   学名:Brachythecium plumosum (Hedw.) B.S.G.

   茎のほふくによって増殖する。陰地と湿潤を嫌う(半陰地なら大丈夫)

 

  1. コツボゴケ(小壺苔)

   学名:Plagiomnium acutum

   横へ横へと這っていくほふく性の苔で、日陰の湿潤地を好みます。

 

  1. フデゴケ(筆苔)

   学名:Campylopus umbellatus

   名前の通り、様子が筆のようになっており、つやがあり日光を反射して美しい。

   チンチラみたい。日向から半日陰を好む。

 

 この他にもまだいろいろあります。また、地域によっては、同じ苔でも名前の呼び方が違うものもたくさんあります。

 

関連記事→日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜苔の特徴編〜

 

     日本の文化 「苔」 を育ててみよう  〜苔の育て方編〜

 

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

 

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。