【5/3〜5/7】GW休業のお知らせ+小ネタ【押し葉を作ってみた】

 

 誠に勝手ながら明日5/3(水)〜5/7(日)までGardenPorterはお休みとなります。

それに乗じてこのブログもお休みをいただき、次の更新は5/9(火)からとなりますのでご了承ください。

すでにゴールデンウィークに突入している方も多いと存じますが、皆さん楽しいGWをお過ごしください。

さて、お知らせだけじゃ味気ないので今日はずっと温めてきたちょっとした小ネタを紹介します。

f:id:GardenPorter:20170501160341j:plain

じゃじゃーん。

これは去年の晩秋に撮った写真です。

家の近所にとても綺麗なモミジの落ち葉があったので持ち帰ってきました。

ハウチワカエデの突然変異といいますか、なんらかの外的要因で大きくなっちゃったんだと思います。

手のひらより大きく、顔が隠れるくらいの大きさ。こんなレアな葉っぱは是非とも押し葉にしてずっと飾っておきたい。

f:id:GardenPorter:20170501160407j:plain

という訳ですぐに押し葉にすることに。

押し葉は色が変わらない新鮮なうちにするのが基本ということで、まずはダンボールの上に新聞紙かティッシュを敷き、その上に葉っぱを置きます。

f:id:GardenPorter:20170501160430j:plain

さらにその上にティッシュとダンボールを置きサンドイッチにします。

ティッシュまたは新聞紙を敷くのは葉の水分を吸収させるためです。

f:id:GardenPorter:20170501160448j:plain

そうしたらビニール袋の中で乾燥材と共に密封し、

f:id:GardenPorter:20170501160505j:plain

ドーンと重しを置いて圧をかけること数日間・・・。

・・・のはずがうっかり押し葉の存在を忘れてしまい、4ヶ月程このままの状態で放ったらかしてしまいました。笑

果たして押し葉は無事にできているのか・・・?

 

f:id:GardenPorter:20170501160806j:plain

じゃじゃーん!完成です。

若干色味が濃くなり黒味を帯びた感は否めませんが、美しい。

葉のかたちも色も最高の押し葉が出来上がりました。

f:id:GardenPorter:20170501160828j:plain

これ、押し葉界でも1、2を争う出来じゃないですか?笑

我ながら墓場まで持っていきたい逸品です。

しかし本のしおりなどに使うのは勿体ないので、変色しないようまた乾燥材と共に保存しておこうと思います。

はい。というわけでGWとは全く関係ありませんでしたが、皆さんも押し葉作ってみてください。

よいGWを!

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

記事・・・飛田亮

www.gardenporter.com

☆GardenPoretrよりお知らせ☆この度、PayPalを導入致しました!

 

f:id:GardenPorter:20170330111459p:plain

少し皆様へのご連絡が遅れてしまいましたが、先日よりGardenPorterの決済方法にPayPalを導入致しました!

今までは代引きか銀行振り込みしかお選びできませんでしたが、これからはPayPalによって手数料がかからず安全にお買い物を楽しんでいただけます。

クレジットカードをお持ちのお客様はぜひご利用くださいませ。

記事・・・飛田亮

【今の仕事を選んだ理由】なぜバックパッカーから庭師になったのか【今週のお題】

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

このブログ始まって以来初!はてなのテーマに沿って書いてみたいと思います。

別にネタが尽きたってわけじゃないです。(笑)

 庭師ってなに?

f:id:GardenPorter:20160116095334j:plain

“【今の仕事を選んだ理由】なぜバックパッカーから庭師になったのか【今週のお題】” の続きを読む

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます!

いよいよ始まりました2016年。皆さん、今年の抱負はもうお決まりですか?

今年、GardenPorterでの私の抱負はずばり「たをやめぶり」です。漢字で書くと手弱女振り。

平安時代、和歌の歌風に対して用いられた言葉で、女性的で優美、繊細な様を表します。

そう。GardenPorterは山野草を中心に取り扱っているだけに、どうしてもちょっと渋い感じになりがちでした。

しかも私の趣味が完全にそっちですので、つくる商品も苔や瓦や竹など、和風なものに偏りがちでした。

なので今年からは、女性的な要素ももう少し取り入れていこうと思います。

もしかしたら小さなサボテンや多肉植物も取り扱うようになるかもしれません。

さて、今まで毎日更新していたブログですが今年から更新頻度が変わります。

更新するのは火曜日、木曜日、土曜日の週3回。

火曜日はお庭の手入れのポイント、DIY、お勧めの庭園巡りなどガーデニングに関すること。

木曜日は今まで通り新着商品やおすすめ商品の紹介。

土曜日は自由なテーマで書いていきます。

更新頻度が減る代わりに、記事の内容も濃く深く、ボリュームアップしていく予定ですので、どうぞご期待ください。

それでは今年もGardenPorterをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/p/_9gsaIxZwJ/

記事・・・飛田亮

【冬季休業のお知らせ】12/30〜1/6日まで、GardenPorterはお休みします

今回をもって今年最後のブログ更新となります。

なんだかあっという間の一年だったように思えますが、皆様いかがお過ごしでしたか?

庭師として造園界に入った傍らブログを書き始め、まさか自分で商品をつくって手づくり市に出店するまでに発展するなんて思いもよらず、私にとっては初めてづくしの激動の一年でした。

ですが忙しさの中にも楽しさが必ずあって、うまく記事がかけたとき、評価してもらえたとき、商品ができたとき、売れたとき、お客さんとの触れあい。

また、このブログやインスタグラムを通してできた繋がりもかけがえのないものです。

来年はそれらをより強く噛みしめて、新しいことにもどしどし挑戦していきます。

ブログも来年から少し更新頻度やボリュームが変わります。

詳しいことは1月1日のブログでお知らせしたいと思っております。

ちなみに今年最も注目された記事は雑草対策の記事でした。

夏場の雑草対策、やはり皆さんお困りですよね。

お客さんの理想のガーデニングを追求するGardenPorterとしては是が非でもなんとかしたい問題です。

また雑草の時期が近付いたら新たに雑草対策の記事を重点的に書いていきたいと思います。

さて、それではまた来年にお会いしましょう。

タイトル通り、明日12月30日から1月6日までGardenPorterはお休みしますので、本日以降ご注文頂いた商品は1月7日以降の発送となります。

2016年もGardenPorterをどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/p/_LSjxIRZ3S/

記事・・・飛田亮

 

☆新商品入荷&正月の寄植え予約開始しました☆

本日は木曜日!ということで新商品が入荷しております。

本日入荷したのはこちら。

カンギク、ヒナソウ、白花ヒナソウ、ヤブコウジ、オオタツナミソウ、サンジソウ、クモマグサ「紅小町」の計7種です。

そして今月から、お正月に向けての寄植えの予約が開始しました。

12/20までご予約承っておりますので、ぜひこの機会に正月をめでたい草花で飾ってみてはいかがでしょうか。
というわけで今回は、正月の寄植えの紹介をしていきます。

正月の寄植え

f:id:GardenPorter:20151202181411j:plain

 

手づくり竹かごについて

一本一本ひごを引き、一つ一つ丁寧に編み込んでつくりました。
「四海波花籠(しかいなみはなかご)」と呼ばれ、本来はかごの中に竹の一輪挿しを置いて楽しむものですが、思い切って寄植えしてみました。
すぐに腐食しないように、よく水をはじく竹ひごの「皮」部分のみを使い、尚且つニス加工を施してあります。
かごの底部はミズゴケを敷いてあるので、土がこぼれたり、水が大量に滴るなどの心配はありません。

草花について

クロマツ、ナンテン、ヒメヤブコウジの3種の草花が植わっています。
縁起ものとして知られるクロマツ、ヒメヤブコウジ。「難を転ずる」といわれるナンテン。そして「松竹梅」の竹の部分は竹かごが担っています。(梅はサイズの問題で入りませんでした;;)
表土はヤマゴケで覆ってあるので、まるで竹かごに入った苔玉のようにも見えるかと思います。

その他

竹かごの縁の部分にフックなどをかければ、ハンギングとしても飾ることができます。こ
玄関先に飾れば、きっとご家庭に福を招いてくれることでしょう。
3種とも丈夫な植物なので、手入れにはさほど困りません。
冬季は2日に1回程度、それ以後は乾燥具合を見て1日1〜2回程度たっぷりと水やりをしてください。

日照は明るく風通しのいい半日陰が適しています。夏期の強い陽ざしには注意してください。

ぜひこの一風変わった正月の寄植えで、正月を楽しんでみてはいかがでしょうか。

f:id:GardenPorter:20151203081023j:plain

記事・・・飛田亮

 

お正月に向けて、寄植えを販売する予定です!

先週の手づくり市も無事に終わり、今GardenPorterは今後の動きを模索中です。

来月からはクリスマス、お正月・・・と大きなイベントが立て続けにあるので、その波になんとか乗っかりたいところです。

クリスマス・・・山野草とクリスマスを結びつけるものは、やはりクリスマスローズでしょうか。

でもそれじゃありきたりですし・・・西洋の文化と山野草を結びつけるのは少し難しい気がしますね。

やはりここは山野草の魅力を遺憾なく発揮できるであろう、日本の文化「お正月」に乗っかっていこうと思います!

お正月の寄植えといえば「松竹梅」ですね。

そしてナンテンを始めとする縁起ものも入れたいところです。

ナンテンは「難を転じる」という意味合いを持つことから、お正月の飾りによく使われています。

そこで今、いろいろと試作しつつ考えているのは、竹かごに小さくて可愛らしい松とナンテン、ヒメヤブコウジなどの実ものを寄植えしてみようかと思っております。

完成品(仮)の画像がこちらです。

https://instagram.com/p/-S5KsVxZ_-/

ヤマゴケで表面を覆っているので、苔玉のようにもみえますね。

竹かごは一本一本竹ひごを剥いで、ひとつひとつ丁寧につくってあります。

水ものと一緒にしてすぐ腐らないのか心配だと思いますが、水をよく弾くひごの皮の部分だけを使い、なおかつニス加工を施してあります。

来月の初めには注文開始予定なので、もし気になる方がいればHPをチェックしてみてください。

よろしくお願いいたします。

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

新たなGardenPorterの一員、ブログデビュー! 山野草への思いを語る

この度、ブログ更新の一翼を担うことになりました、飛田です!
山野草を始めとする植物のことや、ガーデニング、お庭の歴史の背景にある日本文化など、いろいろな情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

f:id:GardenPorter:20150917103219j:plain

★斑入りツワブキ(斑入り石蕗)

・学名・・・Farfugium japonicum

・草丈・・・15〜60cm

・花期・・・10月〜11月

・宿根草(落葉性の多年草)

・日本庭園に引き合わせた旅

実は私、緑の業界に入る前はバックパッカーでした。

国内外を問わず各地を旅して感じたものは、各国の文化のおもしろさ、そして自然の尊さと美しさ。

その衝動に駆られ、自国の文化と自然に強く関心を抱くようになり、辿り着いた先は「日本庭園」でした。

そして日本各地の庭巡りだけじゃ飽き足らず、自ら美しい庭をつくってみたいと思い立ち、庭師の世界に飛び込むことになります。

・日本庭園と山野草

日本の庭といえば何が思い浮かぶでしょう?

松、紅葉、飛び石、築山、滝、池、小川、苔、芝、茶室、竹垣、枯山水・・・

いろいろと出てきますが、どれも日本の風土と文化が生んだ素晴らしい要素です。

ただあと少し、もうちょっとだけ日本の庭に欲しいと思ってしまうものが草花でした。

もちろん日本は万葉時代の「秋の七草」や江戸時代の園芸の発展を始め、植物とともに歩んできた国ですから、たくさんの草花が存在し愛でられてきました。

文明開化と共に西洋の草花も流入し、数々の園芸品種が生まれ、現代の草花たちは極彩色で彩られています。

しかしどれも素晴らしいのですが、その中に「日本庭園」に合うものがあるかというと、それがなかなかないのです。

なにをもってして「日本庭園」なのかという話にもなるのですが、私の中では「『間』が介在し、自己を見つめ、自然に生かされていることを実感できる空間」だと定義しています。

このことは後々、別の記事で深くお話ししたいと思っています。

そしてそのような空間にもってこいの草花が、山野草だと思うのです。

・山野草の魅力

山野草は主に高山地帯に生息しているものが多いです。

そのため人の手があまり入らず、古くから姿形を変えずに在りのままの姿で命を繋いできました。

引き算の美といいますか、その華美さを控え自己主張をしない姿に、和を重んじる日本人の国民性とどこか重なるものがあると思うのです。

日本文化の集大成ともいわれる茶道に、茶花として山野草が良く使われるのも納得です。

山野草を見ていると、そのはんなりとした姿になにか郷愁のようなものを感じ、日本人としての自己を見つめ直したくなるような、そんな気持ちが湧いてくるのです。

少しでもそんな山野草たちに興味を持っていただけたら幸いです。

これからGardenPorterを盛り上げてまいりますので、よろしくお願いします!

記事・・・飛田亮

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、9月11日にリニューアルオープンいたしました。

よろしくお願いいたします。

GardenPorterはモノづくり!

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、植物をお客様にお届けします。植物と共にモノづくり(物作り)もお届けします。

f:id:GardenPorter:20150707163328j:plain f:id:GardenPorter:20150707163424j:plain

着工前(黒いビニールポット)      完了(陶器の鉢 と 木の花台)

・ヒメヒオウギアヤメ(姫緋扇文目
・草丈・・・30㎝〜40㎝(写真は13㎝)
・花期・・・4月〜6月
・花の色・・・白、ピンク、青

私は、幼少のころよりずーっと “モノづくり”が大好きです。植物は生き物で自然のものですから、手を加えてモノづくりをすることはできないです。バランスよく植えるとか、枝ぶりを美しく整えるために枝を剪定(散髪です)するとかはできますけどね。そこで、どういう切り口でモノづくりをお客様にお届けするかといいますと、植物を植える「鉢」や、鉢の下に敷く「水受け皿」や、その下に敷く「布の敷物」、植物の植わった鉢を飾る「敷き台」などでモノづくりをお届けします。

f:id:GardenPorter:20150707163754j:plain

花台を作ります。(材料と道具)

f:id:GardenPorter:20150707163821j:plain

細い板を、必要な長さに切りました。「キコキコ」

f:id:GardenPorter:20150707163920j:plain

バーナーで板の表面を焼いて焦がします。「ゴォォォ〜ッ」

f:id:GardenPorter:20150707164011j:plain

焦がしました。(まっくろ)

f:id:GardenPorter:20150707164043j:plain

焦がした黒い炭を磨き落としました。「ゴシゴシっ」できあがり。

皆さんがよくご存じの真っ黒の色のビニールポットにおさまっている植物(苗木)と、バランスよく洒落た鉢におさまっているのとを比べると、植物の見栄えも、鉢自体の見栄えも、様子がガラッと変化して全く違うもののように素晴らしく映えて目に映ります。鉢が植物を映えさせ、また、植物が鉢を映えさせて相互に素晴らしい効果を生み出すのです。

“GardenPorter”では、植物にも鉢にもキモチを入れ、ココロを向けて、人のぬくもりのある(人間臭さ かもしれません)サービスの提供をこころみようと考えています。

植物と鉢の組み合わせは、単純にイメージしただけでも、数えきれないほどのパターンになります。どんな組み合わせでもよいというわけではありませんが、組み合わせによっては想像していたよりも、『イイじゃない!』と言う発見もたくさんあります。こういう想像をしていると、すごくワクワクしてきてこれからが楽しみです!

お客様の中には、自分でアレンジして手持ちの鉢に植えたいという方がおられることでしょう。その場合、もちろん植物のみ(ビニルポットの状態)でのお届けをします。ご安心ください、鉢に植えてのお届けが強制じゃないです。

そうです“GardenPorter”は、自由度を武器に、お客様にいかに柔軟な対応をしていくかということも、ビジョンの一つです。

その裏付けとして、GardenPorterを運営している株式会社近江庭園ではマイホームの外構工事(エクステリアですね)もしています。外構工事はまさしくお客様個々の細かなご希望の集合体です、例に挙げると、

・境界ブロック塀、
・フェンス、
・カーポート、
・門柱、表札、ポスト、インターホン、門灯、
・アプローチ、
・花壇、
・洗濯物干しテラス

これらは、それぞれメーカー、大きさ、色、素材、等々使用が細かくあり、全てにおいてお客様と打合せしてご希望をくみ取り決定し、素晴らしいカタチに創りあげ、納めます。

このような経験を重ねてきたからこそGardenPorterで個々のお客様のご希望に沿った「お届け」を目指します。

造園業者のアプローチする植物が“GardenPorter”です!

山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。

GardenPorterで贈り物を・・・

ブログを始めて第六日目です!

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、植物を贈り物としてもお届けします。安心してご利用ください。

f:id:GardenPorter:20150703161707j:plain

ハコネギク(箱根菊)

  茎 丈・・・30㎝〜60cm(写真のは10㎝)

  花 期・・・7〜9月

   ★とても可憐な感じです。これから咲こうとしているつぼみが楽しみ ・・・

    スゴクかわいい。

    (鉢表面はハイゴケ)

 

〜〜贈り物としてのご利用〜〜

 商品をご購入されるご本人にではなく、どなたかへの贈り物・プレゼントとして、ご注文者様とは別の方へのお届けします。

 たとえば、郷里にいらっしゃるお父さんやお母さんへの贈り物をするときなどの場合です。そうすると送料の重複がなく、時間的にも、少ない日数でお届けできます。

 メッセージカードなんかを添えたい場合は、事前に“GardenPorter”の方に郵送しておいていただくことによって、商品に同封することもできます。

  オプションで “贈り物用・プレゼント用” 包装もします。

 

『贈り物』・『プレゼント』って年間を通していろんな場面がありますよね!

 ・お誕生日 & 結婚記念日 のプレゼント

 ・クリスマスプレゼント

 ・バレンタインデー & ホワイトデー

 ・イースター

 ・母の日 & 父の日 & 敬老の日

 ・ご結婚のお祝い、ウェディングの引き出物 や 内祝いに

 ・ご入学のお祝い

 ・お中元 & お歳暮

 ・新築のお祝い & お店の開店のお祝い

 ・帰省時の手土産に

 ・還暦や傘寿・米寿・白寿 等のお祝いに

 

 すごくたくさんの贈り物・プレゼントをする機会がありますよね!

 

 たくさんのHappy Dayが年間を通してめぐってきます。

 

 贈り物・プレゼントって、贈られる人はHappy・・・ですが、実は、『贈り物』・『プレゼント』を贈る側の人も同じくらいかそれを超えるくらい幸せな気分に浸ることもあります! 贈り物を贈る人は、まずプレゼントを相手の人のことをあれこれ思いめぐらしながら選ぶことのワクワクした楽しみな気持ち、贈り物をした時の相手からの感謝の言葉につい嬉しくなってしまったり、そののちも贈り物をどういう所に飾ったかなぁ・・なんて想像してみたり、そんないろんな思いが心の中をふわ〜っとひろがって長いあいだ染めるんですよね。贈られる方も、贈る方も、幸せを味わうことができると思います。

 

 そこで、気付いたのですが 『贈り物』・『プレゼント』をお届けさせていただく“GardenPorter”もその幸せのお裾わけをいただこうと思います。

 

なんと ス・バ・ラ・シ・イ 展望でしょう!

 

 山野草の初心者も安心のネットショップ“GardenPorter”(ガーデンポーター)は、ただいまリニューアルオープンの準備中です。

8月下旬リニューアルオープン予定です。

よろしくお願いいたします。